TimeCrowdとは、チームでの時間を共有し生産性を高めるためのツールです。

チームの人数が増えるほど、誰が今何をやっていて、どれくらい時間を掛けているのかわかりにくくなります。「TimeCrowd」を使えば、リアルタイムでチームメンバーが何の作業をしているかを把握することができますし、カテゴリ別・チーム別でレポートを作成することができます。

現状を把握することができれば、作業の効率化を進めることができるため、生産性が向上するでしょう。

目次

  1. TimeCrowdとは
    2. TimeCrowdの料金プラン
  2. TimeCrowdの利用事例
  3. TimeCrowdへの登録方法
  4. TimeCrowdの使い方

TimeCrowdとは

スクリーンショット_2017-10-03_16.11.26.png
https://timecrowd.net/

TimeCrowdとは無駄を省く為に生まれたツールです。個人やチームの時間を管理することで無駄な仕事時間を省くことができます。残業を減らしていくことは個人にも会社にも求められていることで、TimeCrowdを活用するとその実現に一歩近づきます。

主な機能は以下の通りです。

・チーム作成・管理
時間管理を共有したいチームを作成でき、招待URLを送ることで他のユーザーをチームに入れられます。チームでの利用は2週間無料ですが、それ以降は有料プランとなります。

・どこからでも打刻
クラウド管理をしているので、PC、iPhoneアプリ、アンドロイドからタスク名を入力して打刻できます。また、Chrome拡張を活用すると閲覧しているWebサイトのURLごとに打刻できるので、タスク名を入力する必要もありません。

・リアルタイム共有
チームのメンバーが今、どのタスクを行なっているのかがリアルタイムでわかります。

・レポート機能
チーム全体やカテゴリ毎、人別など様々な条件でレポートを作成することができます。また、メンバーの時間単価を入力すると人件費計算も行うことができ、プロジェクト単位でのコストを管理できます。

・API連携
「Google Apps Scriptを使っての拡張」「Chatworkへの拡張」など、様々なAPI連携機能があります。

また、準備中ではありますが、以下の機能が実装される予定です。

・空き時間共有(準備中)
明日の空き時間数や来週の空き時間数などを共有することができます。

・稼働上限設定(準備中)
チームメンバー毎に稼働時間の上限を設定でき、それを超える場合は残業申請と承認できます。

・請求書連携(準備中)
オンライン請求書ツールと連携予定で、チームの稼働をもれなく管理できます。

TimeCrowdの料金プラン

TimeCrowdの料金プランはとてもシンプルです。個人の利用は無料です。チームでの利用は、月額500円/人です。こちらは2週間の無料期間もあるので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

TimeCrowdの利用事例

在宅勤務のパートさんの時間管理に

Chromeの拡張機能を活用したり、チャットワークなどのツールと連携したりすることで、今、利用しているツール上に「スタートボタン」「ストップボタン」が表示されます。それをクリックすることで、出退勤だけでなくタスク毎に時間管理が可能になります。

パートさんが実際に働いた時間を正確に管理でき、レポートとして出力できるので、タスク管理だけでなく給与計算にも役立てられます。

残業ゼロへの取り組みに

チャットワークと連携することで、チャットワークのタスクベースで打刻できるようになり、それぞれのタスクにかかった時間を管理できるようなります。時間管理の工数を削減できるだけでなく、後の振り返りとしても活用できます。時間にシビアになることで、残業ゼロへの意識を高めていきます。

TimeCrowdへの登録方法

TimeCrowdへはGoogleアカウントを持っていれば簡単に登録できます。

スクリーンショット_2017-10-03_16.11.51.png
https://timecrowd.net/

TimeCrowdにアクセスし、画面中央にある「無料で試す」を選択します。

スクリーンショット_2017-10-03_16.12.07.png
Googleアカウントの選択画面が表示されるので、任意のアカウントを選択します。

スクリーンショット_2017-10-03_16.12.17.png
連携の許可を求められるので「許可」します。

スクリーンショット_2017-10-03_16.12.28.png
空のマイタスクページが表示されたら、登録は完了です。

TimeCrowdの使い方

マイタスク

自分のタスクがこちらから確認できます。この画面からタスクの追加やタスクの編集を行うことができます。

タスクの追加方法

スクリーンショット_2017-10-03_16.12.41.png
「タスクの追加と開始」をクリックします。
タスクのタイトル入力と分類・時間指定の画面が立ち上がるのでそれぞれ設定をします。

スクリーンショット_2017-10-03_16.12.56.png
赤枠をクリックすると、自分が所属しているチームのカテゴリが表示されます

スクリーンショット_2017-10-03_16.13.07.png
時間指定は手入力かカレンダーから選択できます。追加をクリックすると、タスクが追加されます。

メンバー

現在、稼働している(オンライン)のユーザーを確認できます。今日、どれだけメンバーが稼働したかも確認が可能です。

リアルタイム

こちらのキャプチャでログインしているアカウントは「テストアカウント2」です。自分が現在タスクをこなしていれば表示されますし、同じチームに所属しているユーザーがタスクを行っていればそれも表示されます。

今日の稼働

スクリーンショット_2017-10-03_16.13.17.png
今日の稼働には、本日どれだけユーザーがチーム内の仕事を行っているかが表示されます。チーム毎の稼働時間でカウントがされるので、どのプロジェクトにどれだけの時間が使われているかも一目で分かります。

レポート

個人用やチーム毎のレポートが作成されます。時系列グラフとカテゴリ毎の割合グラフを閲覧できます。CSVでのダウンロードも可能です。

チーム内で活動した時間のグラフ

スクリーンショット_2017-10-03_16.13.26.png
期間を指定して、その期間内で毎日どれだけの時間活動していたのかがグラフでわかります。

タスクカテゴリ毎の時間

スクリーンショット_2017-10-03_16.13.38.png
タスクカテゴリ毎にどれだけ時間を使っていたかのグラフです。カテゴリ毎に色分けされて表示されます。

カテゴリ毎の時間と金額

スクリーンショット_2017-10-03_16.13.48.png
個人に金額を設定していると、カテゴリ毎に活動時間と金額が表示されます。

他の機能

他にも多くの機能をTimeCrowdは持っています。

タスク管理

自分のタスクを閲覧できます。この画面からもタスクの編集ができます。

個人設定

個人のプロフィール設定です。日次レポートの受け取り時間設定やスカイプ、チャットワークのID連携も行えます。

チーム管理

自分が所属しているチームが表示されます。新しいチームの作成もここから行えます。チームではタスクのカテゴリ設定も可能で、カテゴリを設定しておくとレポートを閲覧する際に便利です。

まとめ

TimeCrowdを活用することで、時間管理にかかる時間が削減できるだけでなく、正確に時間か管理を行えるので、その後の業務改善にも役立てられます。チームの作業効率アップの為にも、TimeCrowdを導入してみてはいかがでしょうか。