広告

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!

広告とは販売のための告知活動を指します。ただし、広告を掲載するための媒体、メッセージがあること、広告を出している広告主が明示されているなどの3要素を含む場合を指すことが多いようです。

Original

広告とは

TV広告や雑誌広告など、告知活動自体を広告と呼ぶことが一般的には多いですが、世界的な定義としては、より広義な概念として利用されることが多いようです。そして、前述のような具体的な告知物は、広告媒体などと呼ばれ区別されます。
また、広告は伝達したい人の規模により、出稿(広告を出すこと)する媒体も変えることが一般的です。たとえば、日本全国に広く告知したい場合には、全国放送のTV局につながりのある広告代理店に発注することになります。また、ある地域で特定の新聞を読んでいる読者に告知したい、という場合には、新聞の折込チラシを新聞販売店に持ち込み、告知を依頼することになります。もちろんこれらの例も一部であり、その広告活動はどこに依頼するのか、どれくらいの規模で告知するのか、予算はどれくらいかけるのか、どういう広告デザインにするのかなど、多くのことを決め、告知活動をすることになります。

さまざまな広告媒体

広告を出す媒体には、様々なものがあります。テレビ、ラジオ、雑誌、ホームページ、メール、新聞チラシ、電柱広告、電車やバス、地下街のポスター等の交通広告など。私達の情報伝達の技術発達の歴史にともなって、さまざまな広告が誕生し、その利用が広がっています。
また、一見すると広告とわからない広告も存在するのも現実です。一般的には企画広告と呼ばれ、たとえば雑誌などで「広告企画」などと表記され、あたかも雑誌内の1記事のように読ませる体裁になっているものです。また、ブログなどで「利用体験」などとしながらも、実は企業から広告料金をもらって広告文を書いているものまで様々です。
国内では、いきすぎた広告表現や利用者に不利益となってしまうような広告は規制されるよう、法律や自主規制などが整備されています。国内では、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)や薬事法といった法令が存在し、業界においては公正競争規約などの自主規制が存在します。

用語例

「今度の新製品はどの広告媒体で告知するのがいいのかな」
(新聞やTVCMなどどの告知媒体で知らせるのがいいのかな)
「おたくのお店の広告見て来たんだけど」
(お店の(例えば)チラシを見て来たのですが)
「この広告って誤解招くよね」
広告表現によっては誤解を招く表現が生み出されかねないのも事実。)