ほか Uber、Google、ユニリーバ、コカ・コーラ、ロレアルをはじめとした世界屈指のリーダーたちが5月14日(月)~ 5月17日(木)六本木に集結

ゲイリー・ヴェイナチャック
ニューヨークやロンドンなど世界5都市で開催されるAdvertising Week(アドバタイジング・ウィーク)は、この度六本木 東京ミッドタウンにて5月14日(月)から5月17日(木)の4日間開催される第3回Advertising Week Asia 2018(アドバタイジング・ウィーク・アジア2018)にて、Twitterのフォロワー数 169万人、Youtubeチャンネルの登録者数118万人を誇る世界的起業家であるゲイリー・ヴェイナチャック 及びUber、Google、ユニリーバ、コカ・コーラ、ロレアルをはじめとした世界的に著名なグローバル企業のエグゼクティブの登壇が決定したことを発表いたしました。Advertising Week Asiaは、世界各国からビジネスリーダーが集結し、マーケティング広告、テクノロジー、そしてエンターテイメントについて共に探求する世界最大級のマーケティング&コミュニケーションのプレミアイベントです。

今回Advertising Week Asia 2018へ、キーノート・スピーカーとして登壇が発表されたのは下記のスピーカーです。

■ゲイリー・ヴェイナチャック氏、 CEO & 共同創業者、VaynerMedia
■レナード・ベスナード氏、APAC担当マーケティング・ディレクター、Uber
■ジェイソン・スペーロ氏、パフォーマンス・メディア担当VP、Google
■ルイス・ディコモ氏、グローバル・メディア担当EVP、ユニリーバ
■カリール・ユーネス氏、EVP & CMO、日本コカ・コーラ
■ベッシー・リー氏、創業者 & CEO、Withinlink

また、日本ロレアル チーフ・デジタル・オフィサー 長瀬次英氏、ブリジストンVP & チーフ・デジタル・オフィサー 三枝幸夫氏、花王 マーケティング開発部門 デジタルマーケティング部 部長 鈴木愛子氏、CDO Club Japan CEO & 創業者 加茂純氏が「CDOからの提言: Disrupt or be Disrupted」というテーマで、パネルディスカッションを行います。

合わせて、この度Advertising Week Asiaと連携して5月17日(木)に開催されるWFA(世界広告主連盟)グローバルマーケターカンファレンスには、サムスンやパナソニックを始めとしたグローバル企業のエグゼクティブメンバーが登壇いたします。

熱狂の4日間をお届けするAdvertising Week Asia 2018の追加のスピーカーやコンテンツは、今後随時発表予定です。
Advertising Week Asia 2018開催概要
■ 開催日程:2018年5月14日(月)~5月17日(木)
■ 開催場所:六本木・東京ミッドタウン
■ 参加方法:http://asia.advertisingweek.com/register/ こちらからチケットをご購入ください。
Advertising Week Asia(アドバタイジング・ウィーク・アジア)について
2004年に創設されたAdvertising Week(アドバタイジング・ウィーク)は、アドテク、ブランド&クライアント、クリエイティブ、マーケティング、そしてメディア・エコシステムを繋ぐ世界最大級のB to Bプラットフォームへと発展いたしました。2018年度は、第1回目Advertising Week LATAM(2月12日~15日)が開催されたほか、第15回目となるニューヨークのAdvertising Week New York(10月1日~4日)、第6回目となるロンドン開催のAdvertising Week Europe(3月19日~22日)、東京で開催される第3回目のAdvertising Week Asia(5月14日~17日)、及びオセアニア初上陸となるAdvertising Week APACが2018年7月30日~8月2日にシドニーにて開催予定です。5大陸、5つのグローバルデスティネーションにて開催されるAdvertising Weekの詳細は以下のページをご参照ください。
http://asia.advertisingweek.com