フィーチャー・フォン

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

フィーチャー・フォン とは、携帯電話の種類の一つで「ガラケー」とも呼ばれています。通話機能のみの「ベーシックフォン」と、パソコンに近い高度な処理能力を持つ「スマートフォン」の間の携帯電話のことをいいます。この区分にはっきりとした定義はなく、日本国内ではスマートフォンではない電話を フィーチャー・フォン と呼びます。

Curriculum pt1

フィーチャー・フォン とスマートフォン

フィーチャーフォン

「フィーチャー(feature)」には「特色ある」や「注目する」という意味があります。
一般的に、電話とショートメッセージサービス(SMS)の機能しかもたないベーシックフォンに、カメラや赤外線通信、ワンセグテレビといった特色ある機能を追加した携帯電話のことを フィーチャー・フォン といいます。
日本において、ポケベルやPHSから進化したモバイル通信サービスの主流はこの フィーチャー・フォン だったので、いわゆるふつうの携帯電話のことを指すこともあります。

海外ではこういった フィーチャー・フォン は、あまり普及しませんでした。なぜなら、この携帯電話は価格が高い上に日本独自の進化をとげていったためです。これを揶揄して「ガラケー(ガラパゴス携帯)」と呼ばれることもあります。

以前、日本ではスマートフォンこそが時代の最先端であるという風潮がありました。しかし、スマートフォンブームも少し落ち着いてきたようです。最近は、「バッテリーの持ちの悪さ」や「キーボードの使いにくさ」、「重さ」といったスマートフォンの欠点が指摘され、 フィーチャー・フォン を見直す動きも出てきています。
使いやすさから、通話をメインにした2台目の携帯電話として フィーチャー・フォン を持つ ユーザー もいて、両方の良いところを活用するような使い方が考えられはじめています。

会話例

フィーチャー・フォン からスマートフォンに乗り換えたよ」
「スマートフォンもいいけど、電話だけなら フィーチャー・フォン の方が使いやすいよね」