ブックマークサービス

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

Curriculum pt1

ブックマークサービスの利便性

今までのブラウザの「ブックマーク」に比べて、インターネットにつなげてしまえばいつでも自分のブックマークページを閲覧できるようになるだけでなく、ユーザー間でよくブックマークされている人気ページやそれに対するコメントなどをみることができるようになっています。

「私はこのサイトがオススメです!」「ぜひこれを見てみてください!」といったようにユーザー間で気軽に共有できるようになっており、多種多様にあるサイトが探しやすくなっています。

ブックマークサービスによる円滑な情報整理

普段、気に入ったページやサイトをお気に入りに追加していくと、次第にお気に入りが大量になってしまい、かえって探しにくくなってしまうことがあります。

そこでインターネット上にブックマークしておくことで、お気に入りの整理が簡単になるということなのです。さらにネット上にブックマークをしておくため、自宅のパソコンだけでなく会社や出先などからでもアクセスできるようになります。

特に制限もなく、どれだけたくさんのページやサイトをブックマークしても問題ありません。

多くのブックマークサービスでは、タグと呼ばれるもので関連性のあるキーワードとサイトを結びつけて公開されています。このタグによって、他のユーザーが自分の探したいジャンルのサイトを探した際に、目的のサイトと関連するサイトをも探しやすくなっていて、検索の利便性にも特化したサービスとなっています。

ランキング形式が導入されたものも多く、ランキングで上位になるにつれてそのサイトのアクセスは飛躍的に増加するようになり、最近はサイト運営者の間でも特に重要視されているサイトの1つとなっています。

◇用語の使い方

ブックマークサービスでお気に入りを保存しよう」
「」