マーケティング課題に対して、ferretに掲載の資料からピックアップして解決のヒントをお伝えする本企画。

今回は「電話コンバージョン」についてのお悩みに対して、コールトラッキングサービスを提供する、株式会社コムスクエアの資料をもとに回答します。

解決のヒントになるお役立ち資料

オフラインコンバージョンの自動入札による最適化

オフラインコンバージョンの自動入札による最適化

リスティング広告における電話CVの課題を解決!オフラインコンバージョンの自動入札による最適化について解説致します。

Q.どうやって電話コンバージョンを計測すればいいのか?

電話への問い合わせを強化したいのですが、どのように成果を計測すればいいのかわかりません。
電話コンバージョンの計測にはどんな方法があるのでしょうか?

A.Google広告での計測と、コールトラッキングツールでの計測がある

Google広告の電話コンバージョン計測、Googleタグマネージャーでの計測、コールトラッキングツールを使った計測があります。

Google広告の電話コンバージョン計測

Google広告の電話コンバージョンには、電話番号アセットへのクリックを計測する方法や、Google広告専用の転送電話番号を使用して計測する方法などがあります。
参考:Google広告ヘルプ

電話番号アセット

通常の広告文に電話番号を表示できる「電話番号アセット」へのクリック計測は、広告からすぐに電話をかけられることがメリットです。しかし、発信前にキャンセルした回数や、誤タップもコンバージョンに含まれるため、実際の計測とずれが生じることがあります。

Google広告専用の転送電話番号

Google広告専用の転送電話番号」は、Googleが発行する電話コンバージョン計測用の番号です。計測用の電話番号を自社で用意しなくても利用できるメリットがある一方で、見慣れない電話番号のためユーザーに不信感を与える可能性があります。

Googleタグマネージャーでの計測

既にGoogleタグマネージャータグWebサイトに設置していれば、タグを追加することで電話コンバージョンを簡単に計測できます。一方で、電話番号のタップ数を計測するため、実際の通話数とずれが生じやすい点がデメリットです。

Web上の電話CVが正しく計測出来ない理由
出典:資料「オフラインコンバージョンの自動入札による最適化」

コールトラッキングツールでの計測

コールトラッキングツールとは、流入経路ごとの架電数などを計測できるツールです。通話時間や通話内容など、より細かなデータを取得できることがメリットです。一方、多くのツールは有料のため、導入・運用にコストはかかります。

設定方法

コールトラッキングツールでは、流入経路ごとに異なる計測用電話番号が発行されます。各媒体にそれぞれの計測用電話番号を記載することで、どの広告から電話コンバージョンが発生したかを確認できます。

また、ツールの種類によってはGoogle広告との自動連携機能が備わっている場合もあります。コールトラッキングツールで取得した電話コンバージョンのデータをGoogle広告に自動で取り込み、流入経路の分析などが可能です。

メリット、デメリットを把握し、目的に適した計測方法を選んでみてください。

▼情報をより詳しく知りたい方は、該当資料をダウンロードできます

オフラインコンバージョンの自動入札による最適化

オフラインコンバージョンの自動入札による最適化

リスティング広告における電話CVの課題を解決!オフラインコンバージョンの自動入札による最適化について解説致します。

▼この記事が含まれる特集

【特集】悩み解決のヒント!マーケティングQ&A

【特集】悩み解決のヒント!マーケティングQ&A

マーケティング課題に対して、ferretに掲載の資料をもとに解決のヒントをお伝えします。