本記事で学ぶ内容

・リスティング広告には審査があることを理解できる
・Webページの注意点が理解できる
・広告文に使用してはいけない語句があること理解できる

リスティング広告は、アカウントを取得し、広告文を作成したらすぐに配信が開始される訳ではありません。

申請した広告が配信される前に、登録しているWebページ広告文が適切かどうか、Yahoo!、Googleによる審査が入ります。Yahoo!プロモーションとGoogle AdWordsの審査基準はそれぞれ異なりますが、共通点も多々あります。

リスティング広告を始める前に、審査基準を満たす内容か確認するようにしましょう。

今回は、リスティング広告を出稿する際の注意点を解説します。

リスティング広告の審査について

リスティング広告は、Yahoo!プロモーション広告Google AdWords共に、掲載できる広告かどうかの審査が入ります。そして、審査に通ると配信が開始される仕組みです。

Yahoo!とGoogle広告掲載基準は同じではありせん。ただし、誇大広告や虚偽広告、詐欺的サービスの禁止など、共通項も多くあります。

Yahoo!プロモーション広告
Google AdWords

審査にかかる期間

Yahoo!プロモーションとGoogle AdWordsでは、広告の審査に要する期間が異なります。
それぞれの審査期間は以下の通りです。

Yahoo!プロモーション広告:約3営業日
Google AdWords:約1営業日

基本的にはこの期間内に審査され、広告の掲載可否が決定します。期間が過ぎても審査が終わらない場合は、1度問い合わせてみましょう。

掲載できないコンテンツも存在する

リスティング広告には、掲載が許可されていないコンテンツも存在します。

国内で利用が許可されていない医療機器や、法律に触れる商品・サービスなどがそれに当たります。

また、掲載自体は許可されていても、サービスごとに掲載基準が定められているコンテンツもあります。自身が配信したい広告が不許可のジャンルに含まれていないか、また、個別に掲載基準があるコンテンツの場合はそれを満たしているかを確認してください。

参考
Yahoo!マーケティングソリューションヘルプ 掲載不可できない広告
AdWordsのポリシー 禁止コンテンツ

広告文の注意点について

リスティング広告を出稿する際は、広告文にも注意が必要です。具体的には以下の点に注意しましょう。

最上級表現の禁止

最上級表現とは「最大」「最小」「国内No.1」「世界一」など、「最も〇〇」を表現する語句を指します。どれも商材をアピールする時によく使われる表現です。
しかし、広告においては、著しく商品が優良と思われるような表現は「景品表示法」により禁止されています。

参考
消費者庁 景品表示法

もし最上級表現を入れたい場合は、客観的事実に基づくデータ(〇〇調べ 20XX年~
20XX年等)を一緒に表記する必要があります。

文字数が限られているリスティング広告では、ここでデータ表記をするよりも、別の文言を考えた方がユーザーにとって有益です。最上級表現を入れずに広告文を作った方が良いでしょう。

商標やブランド名を使用する場合の注意点

自社の登録商標やブランド名を広告文に使用するのは問題ありません。

しかし、広告文で他社の登録商標やブランド名を使用していると、審査に通らない、または審査に通っても広告配信後に停止されてしまう場合があります。

別途商標使用の許諾が取れれば使用できる場合もありますが、使用しないで広告文を作成する方が無難です。

使用不可の記号について

広告文を作るときには、「、」や「。」などの記号を使うことがあると思います。しかし、広告文では使用できる記号が決まっており、使用不可の記号を使ってしまうと、審査に通らなくなってしまいます。

Yahoo!プロモーション広告と、Google AdWordsでは使用できる記号が異なります。それぞれ使用できる記号をあらかじめ確認しておきましょう。

また、使用可能な記号であっても、無意味な連続使用(。。。など)は審査に落ちる要因になります。こちらも注意してください。

参考
Yahoo! JAPAN マーケティングソリューションヘルプ 使用可能な記号種別
Google 広告主コミュニティ AdWords 広告で使用できる記号一覧

まとめ

リスティング広告には審査があり、審査を通らないと広告が掲載されません。

リスティング広告を出稿する前に、コンテンツ広告文が適切かどうかを確認してください。特に、禁止されている商標・ブランド名の使用や最上級表示などは、それがNGだとは知らず、広告文を作成する際に無意識に使ってしまうこともあります。NG表現が含まれていないか作成時に注意しましょう。

リスティング広告は、短期キャンペーンの認知にも利用ができる広告です。しかし、審査に落ちてしまうと、広告が出せる期間が短くなってしまいます。広告配信の機会を減らさないためにも、上記の注意点を頭に入れておく必要があります。