本記事で学ぶ内容

・Google広告(旧Google AdWords)に広告を出稿する流れが理解できる
・Google広告(旧Google AdWords)に広告を出稿する方法がわかる

Google広告(旧Google AdWords)は、アカウント開設をする時に、最初のキャンペーンを一緒に登録できる仕組みになっています。

しかし、新たにキャンペーン広告グループを作成する場合は、ホーム画面から広告を作成する必要があります。

今回は、Google広告(旧Google AdWords)で新規広告を出稿するまでの流れを解説します。

目次

  1. Google広告を出稿するまでの流れ
  2. 広告出稿方法
    1. キャンペーンを設定する
    2. 広告グループを作成する
    3. 広告を作成する
    4. 効果測定のためのタグを発行する
  3. キャンペーン、 広告グループ、 キーワードの上限数に注意
  4. まとめ

Google広告を出稿するまでの流れ

まずはGoogle広告(旧Google AdWords)に広告を出稿するまでの流れを理解しましょう。

広告の出稿は以下の手順で行います。

1. キャンペーンを作成する
2. 広告予算を決める
3. 広告グループを作成する
4. キーワードを設定する
5. 広告文を入力する
6. 広告の審査を待つ
7. 広告が配信される

広告出稿方法

それでは、実際に広告を出稿してみましょう。

広告を出稿する際は、クレジットの残高があることを確認してください。

キャンペーンを設定する

gad2_-_1.jpg

最初はキャンペーンを作成します。

Google広告(旧Google AdWords)にログインし、「キャンペーン」をクリックします。

gad2_-_2.jpg

「+キャンペーン」をクリックします。

gad2_-_3.jpg

配信したい広告の種類を選択します。

この記事ではGoogle検索結果Googleの検索パートナーサイトのみに広告が表示される「検索ネットワークのみ」を選択しています。

gad2_-_4.jpg

わかりやすいキャンペーン名を考え、入力します。

gad2_-_5.jpg

広告を表示させたいデバイス、地域、言語を選択します。

gad2_-_6.jpg

入札戦略を選び、1日の広告予算上限を入力します。

この記事では入札戦略を、それぞれのクリック単価を自分で設定する「個別クリック単価」に設定しています。

gad2_-_7.jpg

必要に応じて広告表示オプションを選択し、「保存して次へ」をクリックします。

広告グループを作成する

gad2_-_8.jpg

次に広告グループを作成します。

ランディングページURL
広告グループの名前
キーワード

を入力し、「広告に進む」をクリックします。

広告グループやキーワードの設定については下記記事を参考にしてください。

参考:アカウント・キャンペーン・広告グループ

広告を作成する

gad2_-_9.jpg

次に広告文を作成します。

・クリック先のランディングページURL
広告見出し
・パス(未記入でも可能)
・説明文

を入力し、「広告を作成」をクリックします。

広告見出しと説明文には、文字数や記号の制限、ブランド名の使い方や禁止表現など、いくつか注意すべきポイントがあります。詳しくは下記記事をご覧ください。

参考:広告文の作り方

gad2_-_10.jpg

作成した広告が確認できます。

キャンペーンを確認」をクリックして次に進みましょう。

gad2_-_11.jpg

「保存して終了」をクリックしましょう。

あとはGoogle広告(旧Google AdWords)の広告審査を待つのみです。審査完了後、キーワードが検索され、設定した条件に合う場合に広告が表示されます。

効果測定のためのタグを発行する

リスティング広告を出稿したら、効果を測定するためのコンバージョンタグを発行し、対象のランディングページに設置してください。

購入、資料請求、予約獲得などのコンバージョン数が計測できるようになります。

キャンペーン、広告グループ、キーワードの上限数に注意

1つのアカウントで作成できるキャンペーン数、広告グループ数、キーワード数には、それぞれ上限が設けられています。

超過することはほとんどありませんが、念のため頭に入れておきましょう。

キャンペーン:アカウントごとに10,000個まで
広告グループ:キャンペーンごとに20,000個まで
キーワード:広告グループごとに20,000個まで

まとめ

流れを理解していれば、広告出稿設定はあっという間に完了します。

予算や入札するキーワード、説明文などをしっかりと決めてからリスティング広告を出稿してください。

出稿後はクリック数やコンバージョンなどを確認し、分析して運用しましょう。