本記事で学ぶ内容

・コンバージョンの意味を理解できる
・Google AdWordsのコンバージョン設定の流れが理解できる

リスティング広告で成果を出すには、広告配信後の分析が必要不可欠です。

どのキーワードで何回広告が表示され、その広告を何人がクリックして、どのくらいの人がゴールまでたどり着いたか。それらを運用画面で確認し、広告文の改善やキーワードを変更していきます。

そのために必要なのが、コンバージョン設定です。この設定をしなければ、何人がゴールまでたどり着いたか計測できません。広告配信後には、忘れずにコンバージョン設定を行いましょう。

今回は、コンバージョンの意味と設定方法を解説します。

Google AdWords

コンバージョンとは

コンバージョン(conversion)とは、ホームページの成果を指す言葉でCVと略されます。

購入、会員登録、資料請求など、ホームページの目的はそれぞれ異なります。まずは自社のコンバージョンが何に当たるかをしっかりと定めましょう。

また、ホームページによってはコンバージョンが1つとも限りません。

  • 資料請求をしたユーザー
  • 問い合わせをしたユーザー
  • 申し込みをしたユーザー

など、複数のコンバージョンを設定し、計測する場合もあります。

コンバージョン設定の流れ

コンバージョントラッキングを開く

lis-19_-_1.jpg
Google AdWordsにログインをして「運用ツール」をクリックします。

lis-19_-_2.jpg
「コンバージョントラッキング」をクリックします。

lis-19_-_3.jpg
「+コンバージョン」をクリックします。

コンバージョンの設定をする

lis-19_-_4.jpg
計測するコンバージョンの発生元を選択します。

ここでは「ウェブサイト」を選択しています。

lis-19_-_5.jpg
名前を設定します。

コンバージョン名は「資料請求」「会員登録」等のわかりやすい名前を設定しましょう。

lis-19_-_6.jpg
次に金額を設定します。

1コンバージョンの額が一定であれば「コンバージョンが発生するたびに、同じ値を割り当てる」を選択して金額を入力します。

複数の商品を扱っているECサイトであれば「購入金額などによって、その都度異なる値を割り当てる」を選択し、ホームページタグを挿入するときにタグをカスタマイズしてください。

参考:
AdWordsヘルプ 注文や購入ごとに変動するコンバージョン値をトラッキングする

lis-19_-_7.jpg
コンバージョンのカウント方法を選択します。

ここでは「すべて」を選択しています。

lis-19_-_8.jpg
コンバージョンの計測期間を設定します。デフォルトでは30日間に設定されています。

ここでは、ユーザーがクリックしてからコンバージョンに至るまでの期間をどこまで確認するかを設定できます。

例えば、計測期間を30日に設定した場合、4月1日に広告をクリックしたユーザーが、4月30日までにコンバージョンしたときにカウントされます。計測期間を10日にした場合は、4月10日までにコンバージョンしたときにカウントされます。

広告の内容により、適切な計測期間は異なります。短期キャンペーン広告を出稿するなら、キャンペーン日数に合わせた短い計測期間を設定しましょう。

初めてリスティング広告を始める場合は、1ヶ月ごとの成果が計測しやすい30日間に設定しておくとよいでしょう。

lis-19_-_9.jpg
カテゴリを選択します。5項目の中からホームページの目的に合ったものを選択しましょう。

lis-19_-_10.jpg
「コンバージョン列に含める」の設定はそのままで問題ありません。

lis-19_-_11.jpg
アトリビューションモデルを選択します。

アトリビューションモデルとは、コンバージョン達成までに発生した各クリックの貢献度を評価するものです。「ラストクリック」「ファーストクリック」「線形」「減衰」「接点ベース」「データドリブン」の5つから選択します。

例えば、運用するリスティング広告が複数ある場合、ユーザーは同じ広告主の広告を数種類見る可能性も出てきます。その場合、アトリビューションモデルの設定をしておけば、最後にクリックした広告のみでなく、それまでに閲覧した広告の評価もできるようになります。

最初は運用する広告が少ないので、1番最後に見た広告のみを評価する「ラストクリック」に設定しておきましょう。

参考:
AdWordsヘルプ アトリビューションモデルについて

lis-19_-_12.jpg
すべてを入力したら「保存して次へ」をクリックします。

タグを発行し、ホームページに埋め込む

lis-19_-_13.jpg
表示されているタグをコピーし、トラッキングするページ

タグの間に貼り付けます。最後に「完了」をクリックしてください。

まとめ

リスティング広告でホームページに集客ができても、購入や資料請求、会員登録といったゴールまで結びつかなければ予算を消化するだけになってしまいます。どのくらいのユーザーがゴールまでたどり着いたかを確認するために、コンバージョン設定は必須の作業です。

ホームページの成果を定め、コンバージョンを忘れずに設定しましょう。