本記事で学ぶ内容

・Google AdWordsで広告の効果を確認する方法がわかる
・自動入札について理解できる
・自動入札戦略を理解し、自社の目的に適したものを選択できる

リスティング広告は、配信がゴールではありません。

その広告によりどのような成果があったのかを確認し、改善できる部分を探していく必要があります。そして、広告の分析、改善を繰り返すことで、より効果的な広告運用ができるようになっていくのです。

今回は、Google AdWordsの管理画面から広告効果を確認する方法と、効率的なリスティング広告運用に役立つ自動入札について解説します。

Google AdWords

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Google AdWordsの広告効果をチェックする

Google AdWordsの管理画面で、広告レポートを確認しましょう。

レポート画面を表示させる

lis-20_-_1.jpg
Google AdWordsにログインして、「キャンペーン」をクリックします。

lis-20_-_2.jpg

キャンペーンごとのレポートが確認できます。

さらにキーワードごとのレポートも確認してみましょう。「キーワード」タブをクリックします。

lis-20_-_3.jpg

キーワードごとの広告成果が表示されます。

同じように「広告グループ」のタブをクリックすると、広告グループごとのレポートが確認できます。

数値情報を確認する

管理画面では、色々な数値情報が確認できます。

専門用語もありますが、重要なものばかりなので意味がわかるようにしておきましょう。
最初は主に、以下の項目に着目して成果を確認してみてください。

表示回数
広告が何回表示されたかを表します。表示回数が少ないのであれば、キーワードの変更も検討しましょう。

クリック数
広告が何回クリックされたかを表します。広告は表示されているのにクリック数が少ない場合は、広告文に問題があるかもしれません。見直してみましょう。

クリック率
表示回数に対して、広告がクリックされた割合です。高ければ高いほど、広告に興味を持っていくれたユーザーが多いということです。

平均掲載順位
広告が掲載されている順位(掲載位置)を表します。掲載順位が低いとクリックされる可能性が低くなります。

コンバージョン
広告をクリックしたユーザーが、資料請求・購入・予約などWebサイトの目的を達成した件数です。コンバージョンが低い場合は、リンク先のWebサイトに原因があることも考えられます。

コンバージョン率
広告のクリック数に対して、コンバージョンした数の割合です。コンバージョン率が高いほど費用対効果のある広告ということになります。

自動入札について

Google AdWordsでは、データを検証し、仮説を立てて、広告文やキーワードの入札単価を変更しながら広告の精度を上げていきます。

しかし、キャンペーンの数や入札キーワードが増えてくると、それらの作業を1つ1つ行なっていくのは時間がかかります。そこでうまく活用したいのが、Google AdWordsの自動入札機能です。

自動入札とは

自動入札とは、広告文やキーワードの入札単価調整を目的に合った入札戦略で自動調整する機能のことです。この機能を利用すると、広告の効果検証をして入札単価を調整する作業を削減できます。

例えば、サイトへのアクセス数を増やしたいときは、クリック数が最も多くなる入札単価に。広告掲載順位を上げたいときは、上位表示が期待できる入札単価に自動調整されます。

作業を効率化するために、自動入札の機能を把握しておきましょう。

自動入札のメリットとデメリット

Google AdWordsでは、入札単価が自動で調整される「自動入札」と1つ1つの単価を自ら設定する「個別単価設定」の2種類があります。

自動入札のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

自動入札のメリットは、個別で入札単価を調整する手間を省いてくれることです。入札単価を個々に指定し、戦略に合わせて都度調整させるのは、広告主にとって負担が大きくなります。

自動入札を設定しておけば、広告の運用方針や目的に沿った戦略に合わせてGoogle側で最適だと思われる価格で入札単価を調整してくれます。広告主は少ない時間で効率的な広告運用が可能となります。

デメリット

自動入札のデメリットは、目的と異なった戦略を選択してしまうと、「広告予算を消化するだけで終わってしまった」など、思っていたような結果にならないことがある点です。それを防ぐには、広告の目的にあった戦略を選ぶことが重要です。

また、自動入札とはいえ、広告の成果を確認しながら戦略や広告文を変更していく必要があることも忘れてはいけません。

自動入札の戦略について

Google AdWordsでは、広告の目的に合わせて自動入札戦略の設定ができます。
それぞれの狙いを理解し、自社の目的に適した戦略を選びましょう。

クリック数の最大化

目標予算の範囲内でクリック数を最大化することを目的とする戦略です。Webサイトへのアクセス数を増やしたい場合に利用します。

検索ページの目標掲載位置

広告の掲載位置が上位になることを目的とする戦略です。広告の表示位置が低い場合や、広告が2ページ目以降にしか表示されない場合に利用します。

ただし、広告の掲載順位は、入札単価品質スコアから導き出される広告ランクによって決まっています。まずは品質スコアを上げる工夫を試みて、それでも掲載順位が上がらない場合にこの入札戦略を利用すると良いでしょう。

目標優位表示シェア

指定した広告主よりも広告の表示回数を増やすことを目的とする戦略です。競合他社よりも広告の表示回数を増やしたい場合に利用します。

目標コンバージョン単価

予算内でコンバージョン数を最大化することを目的とした戦略です。過去に一定数のコンバージョンを獲得していないと機能しません。

拡張クリック単価(eCPC)

コンバージョン率が高いと判断した時にキーワードの入札価格を上げ、コンバージョン率が低いと判断した時に入札価格を下げる戦略です。リスクが少なく、多くの広告主に利用されている戦略です。

目標広告費用対効果

設定した目標広告費用対効果を達成するように入札単価を調整する戦略です。入札価格は過去の情報から算出されるため、過去に一定数のコンバージョンがないと機能しません。

コンバージョン数の最大化

予算全体を使って、最もコンバージョン数が多くなるように、広告が表示されるたびに入札価格を調整する戦略です。入札価格は過去の情報から算出されるため、過去に一定数のコンバージョンがないと機能しません。

まとめ

Google AdWordsは広告を配信したら終了ではありません。広告の効果測定を行い、改善点を見つけて、より広告効果が上がるように模索していく必要があります。

自動入札を利用することで、検証から入札単価調整のプロセスを効率化できます。自動入札のメリット・デメリットを理解した上で、活用してみましょう。