本記事で学ぶ内容

・リマーケティングを理解できる
・リマーケティングタグを発行し、Webサイトに設置できる

リスティング広告ユーザーを集客しても、そのユーザーが1回でコンバージョンに至る確率は高くありません。

ユーザーはホームページを閲覧し企業や商品、サービスを認知し興味・関心を持ちます。その後、商品を検索したり、他のサービスと比較したり、再度ホームページに訪れて情報を増やしたりしながら自身に必要なものであるかを吟味します。そして、最終的に必要なものと判断したら、コンバージョンに至ります。

そのような、商品・サービスを認知し、関心の高いユーザーに対してアプローチできる手段の1つに「リマーケティング」があります。

今回は、Google AdWordsでリマーケティングを行う方法について解説します。

Google AdWords

リマーケティングとは

マーケティングとは、過去にホームページを訪れたことがあるユーザーに対してのみ広告を表示できる仕組みです。広告は、対象のユーザーGoogleディスプレイネットワーク内のサイトを訪れたときや、指定キーワードが検索されたときに表示されます。

1度ホームページを訪れたことのあるユーザーは、自社商材に興味・関心のあるユーザーであると予測できます。そのようなユーザーに対して広告を表示させることで、コンバージョンに繋がるユーザーの集客が期待できます。

リマーケティングの流れ

マーケティングは以下の流れで設定します。

  1. マーケティング用のキャンペーンを作成する
  2. マーケティングリストを作成する
  3. タグを発行し、ホームページに埋め込む
  4. キャンペーンとリマーケティングリストを紐付ける

リマーケティングの設定方法

マーケティング用のキャンペーン作成後の流れを解説します。

キャンペーンの作成方法は下記記事をご覧ください。

参考
Google AdWordsで広告を出稿する方法

共有ライブラリを開く

lis-21_-_1.jpg
Google AdWordsにログインして、「キャンペーン」をクリックします。

lis-21_-_2.jpg
「共有ライブラリ」をクリックします。

lis-21_-_3.jpg
ユーザーリスト」をクリックします。

lis-21_-_4.jpg
「リマーケティングを設定」をクリックします。

lis-21_-_5.jpg
「+リマーケティングリスト」をクリックし、広告を表示させるユーザーを選択します。

リマーケティングリストを作成する

lis-21_-_6.jpg
ユーザー広告を表示させる条件を設定します。

マーケティングリストの名前を入力し、「リストに追加するユーザー」を選びます。

ここでは、「特定のタグが設定されたページを訪問したユーザー」を選択しています。

lis-21_-_7.jpg
「+新しいタグ」をクリックします。

lis-21_-_8.jpg
「保存」をクリックします。

リマーケティングタグをホームページに埋め込む

lis-21_-_9.jpg
マーケティングタグが発行されます。タグ全体をコピーして、ホームページの「</body>タグの直前」に埋め込みます。

リマーケティングリストをキャンペーンと紐付ける

lis-21_-_10.jpg
キャンペーンリストをキャンペーンと紐付けます。

キャンペーンから「ユーザーリスト」タブをクリックします。

lis-21_-_11.jpg
「+ターゲット設定」をクリックします。

lis-21_-_12.jpg
「追加先」より、リマーケティング用に作成したキャンペーンを選択します。

lis-21_-_13.jpg
ターゲット設定より、「インタレストとリマーケティング」を選択します。

lis-21_-_14.jpg
「カテゴリを選択」より、「リマーケティングリスト」を選択します。

lis-21_-_15.jpg
上記で作成したリマーケティングリスト名を選び、下部の「保存」をクリックすると、キャンペーンとリマーケティングリストを紐付けられます。

まとめ

マーケティングは、興味・関心の高いユーザーのみに訴求できる有効な手段です。ターゲットを絞った広告を作成することで、費用対効果の高い広告運用ができます。

マーケティングの仕組みと設定方法をしっかり理解しておきましょう。