本記事で学ぶこと

・スポンサードサーチの概要について理解できる
・スポンサードサーチとGoogle広告(旧Google AdWords)の違いがわかる

検索エンジン「Yahoo! JAPAN」でキーワード検索をした際、上部に広告が表示されているのはご存知でしょうか。これは「スポンサードサーチ」というYahoo! JAPANが提供しているリスティング広告です。

スポンサードサーチは、ユーザーが検索したキーワードに応じて表示される検索連動型広告のため、自社商材に興味のあるユーザーのホームページ集客に効果があります。今回は、スポンサードサーチの特徴を詳しく解説していきます。

Yahoo!プロモーション広告「スポンサードサーチ」とは

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

スポンサードサーチ」はYahoo! JAPANが提供しているリスティング広告です。検索エンジン「Yahoo! JAPAN」のキーワード検索を利用したユーザーに対し、入力したキーワードと関連のある広告を表示させることでホームページへの集客が期待できます。

スポンサードサーチは、クリックされた時にのみ課金される「クリック課金型広告」です。クリック単価広告主側で設定するキーワードの入札価格(1クリックあたりの単価)によって決まっていて、少ない予算からでも広告出稿できるという特徴があります。

リスティング広告については以下の講座で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

参考:
リスティング広告とは

スポンサードサーチとGoogle広告の違い

国内で多く利用されているリスティング広告には、Googleの提供する「Google広告(Google広告)」があります。スポンサードサーチGoogle広告には、どのような違いがあるのでしょうか。

スポンサードサーチGoogle広告も、ユーザーが入力したキーワードに応じて表示される広告である、クリックした時のみ予算が消化されるクリック課金型広告である、などの基本は同じです。

大きな違いとしては、広告が表示される検索エンジンの種類が挙げられます。スポンサードサーチに出稿した広告は、Yahoo! JAPANの検索結果、もしくはYahoo! JAPANの提携サイトに表示されます。Google広告に出稿した広告は、Google検索結果、もしくはGoogleの提携サイトに表示されます。

他にも

広告タイトル広告文の文字数や使用できる記号
・搭載されているキーワード検索ツール
・連携できるアクセス解析ツール
広告表示オプションの種類

など、細かな機能に違いがあります。

スポンサードサーチとGoogle広告のどちらを利用すべきか

リスティング広告をこれから始めようと考えている広告主は、スポンサードサーチGoogle広告のどちらを利用するべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

予算に余裕があればどちらにも出稿したいところですが、予算が厳しい場合は検索エンジンごとのユーザー属性と自社ターゲットが合っている方を検討してみましょう。
例えば、ニールセンの「日本のインターネットサービス利用者数ランキング(2017)」によると、パソコンから最も利用されているインターネットサービスはYahoo! JAPANであると発表されています。自社ターゲットがパソコンを利用して商材の購入や予約などをする可能性が高いのであれば、Google広告よりもスポンサードサーチを利用した方がクリック数が多くなるかもしれません。

また、Yahoo! JAPANとGoogleは、サジェスト(予測変換)にも違いが見られます。
キーワードを入力した時に、より自社商材と相性が良さそうなサジェストが表示される検索エンジンはどちらか」という視点で利用する広告を選んでみてもよいでしょう。

参考:
TOPS OF 2017: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2017年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~
GoogleとYahoo!ってどう違うの?知っているようで知らない違いを解説

まとめ:スポンサードサーチでホームページ集客をしてみよう

スポンサードサーチはYahoo! JAPANが提供しているリスティング広告です。検索エンジンに入力したキーワードに応じて表示される広告なので、自社商材に関心のあるユーザーのホームページ集客が期待できます。

また、広告費は広告主が設定したキーワードの入札価格により決定するため、少ない予算からでも広告出稿ができるのも特徴です。

Google広告と基本機能は同じですが、広告が検索される検索エンジンの種類に違いがあります。予算があればどちらもに広告出稿したいところですが、「予算が少ない」「まずは試してみたい」という場合は、検索エンジンユーザー属性が自社ターゲットと合っている方を選んでみるとよいでしょう。