本記事で学ぶ内容

・スポンサードサーチのアカウント設計ができる
・スポンサードサーチ出稿の流れがわかる

Yahoo!ビジネスIDを作成すると、Yahoo!プロモーション広告の運用画面からスポンサードサーチの出稿ができるようになります。

スポンサードサーチを出稿するときは、誰に、どのような広告を、どのくらいの期間配信するのかを整理してアカウント設計をするのがおすすめです。

アカウント設計のやり方とスポンサードサーチの出稿方法を学んでいきましょう。

スポンサードサーチのアカウント構造を理解しよう

Yahoo!3_-_1.jpg

まずはスポンサードサーチアカウント構造を理解しましょう。

スポンサードサーチアカウント

1. アカウント
2. キャンペーン
3. 広告グループ
4. キーワード・広告文

で構成されています。

多くの場合、スポンサードサーチに出稿する広告は1種類ではないでしょう。商材、ターゲット、価格ごとなど別々の切り口でキーワード広告文を作成し、配信期間や予算を調整しながら出稿していきます。

広告の量が増えていくと、管理は複雑化していくでしょう。どの広告にどのくらい予算を使い、いつ配信しているのかもわかりにくくなってしまいます。しかしアカウント構造を理解し、キャンペーン広告グループがうまく設定されていれば、これらの管理がしやすくなります。

例えば、アパレルであれば、夏と冬に靴・スカートのセール広告を出稿したいとします。その場合は、「夏季セール」と「冬季セール」のキャンペーンを作り、それぞれに靴・スカートの広告グループを作ります。

夏季セール、冬季セール、それぞれのキャンペーンごとに配信期間や予算を設定しておけば、広告配信の切り替えがスムースにできるでしょう。

また、キャンペーンごとに成果の確認もしやすくなります。

アカウント構造に関しては下記でさらに詳しく解説していますのでご覧ください。

参考:
アカウント・キャンペーン・広告グループ

アカウント設計をしてみよう

スポンサードサーチアカウント構造が理解できたら、自社のアカウント設計をしてみましょう。いつ・何を・誰に発信したいのかに着目してアカウント設計をすると、管理がしやすくなります。

参考:
自社のアカウントを設計しましょう

1.広告の用途・配信期間・ターゲット・商材を書き出す

まずは配信したい広告

1. 用途
2. 配信期間
3. ターゲット
4. 商材

を書き出してリスト化します。

例えば、洋菓子販売店であれば下記のようなイメージです。

用途 配信期間 ターゲット 商材
クリスマス 10月〜12月 20代以上 ホールケーキ
おみやげ 通年 20代以上 ホールケーキ
おみやげ 通年 20代以上 クッキー
ホワイトデー 2月〜3月 20代以上 クッキー

2.キャンペーンを分ける

1で書き出した要件を配信期間ごと、またはターゲットごと分類してキャンペーン分けしてみましょう。

今回の例を配信期間ごとに分類した場合

  • 通年(おみやげ)
  • 2月〜3月(ホワイトデー)
  • 10月〜12月(クリスマス)

の3つのキャンペーンに分類できます。

3.広告グループを作る

キャンペーンごとに分類したら広告グループを作ります。

今回の場合ですと以下のように広告グループが形成できます。

キャンペーン 配信期間 広告グループ
おみやげ 通年 ホールケーキ、クッキー
クリスマス 10月~12月 ホールケーキ
ホワイトデー 2月~3月 クッキー

4.キーワードと訴求ポイントをまとめる

広告グループごとにキーワードを書き出し、訴求ポイントをまとめていきます。

キーワードアドバイスツールを使用して、関連キーワードや検索ボリュームを確認しながらキーワードを探していきましょう。

参考:
キーワードの検索数を調べる方法

5.キーワードと訴求ポイントを踏まえた広告文を作成する

4で書き出したキーワードと訴求ポイントを踏まえ、それぞれの広告文を作成します。

このようにキャンペーン広告グループ、キーワード広告文を整理し書き出しておくと、それぞれの広告を管理しやすくなるでしょう。

スポンサードサーチに出稿する方法

スポンサードサーチに出稿するまでの流れを紹介します。

1.運用画面にアクセスする

Yahoo!3_-_2.jpg

まずはYahoo!プロモーション広告の運用画面にアクセスして、「スポンサードサーチ」をクリックします。

yahoo3-re_-_1.jpg

キャンペーン管理」をクリックします。

yahoo3-re_-_2.jpg

「新規作成」の矢印アイコンをクリックし、「キャンペーン作成」をクリックします。

2.キャンペーンを作成する

yahoo3-re_-_3.jpg

キャンペーンを作成していきましょう。

基本情報を設定する

キャンペーンのパターンを

  • 標準キャンペーン
  • アプリダウンロードキャンペーン
  • 動的検索連動型広告キャンペーン

から選び、広告の管理者がわかりやすいキャンペーン名を自由につけます。

予算を設定する

キャンペーンの予算を決めます。

キャンペーンキャンペーンの日額予算(目安)を入力し、自動入札か手動入札かを選びます。

また、広告を1日中均等に配信するか、できるだけ早く予算を消費するように配信するかを選択してください。

ターゲティング設定

広告のターゲティング設定をします。

  • デバイスごとに予算を調整
  • 特定の地域にのみ広告配信の設定
  • 広告の配信時間・曜日の設定

が設定できます。広告を届けたいターゲットに合わせて配信デバイスや地域、時間の設定をしましょう。

その他の設定

その他の設定では、

  • 広告掲載方式の指定
  • 対象外キーワード
  • URLオプション
  • ウォッチリスト

の設定ができます。これらの設定は任意です。

すべて入力したら「保存して広告グループを作成へ」をクリックします。

3.広告グループを作成する

Yahoo!3_-_6.jpg

キャンペーンを作成したら、広告グループを作成します。

  • 広告グループ名
  • 広告グループ入札価格
  • 入札価格調整率(%)

を設定してください。

※「広告グループ入札価格」とは、広告グループ単位の入札価格のことです。自動入札、もしくは、キーワード個別に入札価格を設定した場合以外、ここで設定した入札価格が配下のキーワードに適用されます。

また任意で、

  • 広告表示の最適化
  • 対象外キーワード
  • URLオプション
  • ウォッチリスト

の設定もできます。「広告表示の最適化」とは、広告グループ内に複数広告が存在する場合、自動的に効果の高い広告を優先して表示させる設定です。

必要に応じて設定しましょう。

すべて入力したら「保存してキーワード作成へ」をクリックします。

4.キーワードを入力する

Yahoo!3_-_7.jpg

次に広告を表示させたいキーワードを入力し、キーワードマッチタイプを設定します。

マッチタイプの種類については下記を参考にしてください。

参考:
キーワードマッチの種類を覚えよう

すべて入力したら「保存」をクリックします。

5.広告を作成する

Yahoo!3_-_8.jpg

広告文や広告タイトルの作成をします。

  • 広告
  • 広告タイトル
  • 説明文
  • リンクURL

を入力してください。
広告文の作り方については下記を参考にしましょう。

参考:
リスティング広告の大前提!クリックしたくなる広告文の作り方

任意で

  • 表示URL
  • スマートフォン向けURL
  • URLオプション
  • ウォッチリスト

も設定できます。

すべて入力したら「保存」をクリックします。

これでスポンサードサーチ出稿の設定は終了です。広告の審査が完了したら広告出稿の準備は万全です。アカウントに入金が確認できたら、広告が配信されます。

まとめ:広告出稿の前にアカウント設計をしよう

多くの場合、スポンサードサーチで出稿する広告の数はひとつではありません。同じ商材に関する広告であっても、「いつ」「誰に」「どのように」訴求するかによって、複数の広告を作成していくことになるでしょう。

複数の広告を管理するうえで、アカウント構造の理解は必須です。まずはアカウント構造を理解して、自社のアカウント設計をしていきましょう。アカウント設計が完了したら、キャンペーン広告グループ、キーワード広告文の順でスポンサードサーチ出稿の設定をしてください。