カリキュラム検索

キーワードで探す

LINE@

  • 未学習
  • 1. LINEとは

    スマートフォンの普及によって、友人や家族とのコミュニケーションは大きく変化しています。その流れを牽引しているのが「LINE」という無料通話・メッセージアプリです。 「LINE」がサービス提供を開始したのは2011年6月。いわゆる「ガラケー」と言われるフィーチャーフォンが一般的だった時代は、電話とメールが主な連絡手段でした。今では老若男女問わず、LINEのアプリを通じて通話やメッセージのやりとりを行うのが当たり前になっています。

  • 未学習
  • 2. LINE@をビジネスに活かすためには

    地域、世代を問わず利用されているコミュニケーションツール「LINE」。多くの企業がビジネス活用しております。 現在では実店舗を持たない企業やブランドも利用できるようになり、開設アカウント数は24万にのぼります。 今回の記事では「LINE@」の活用メリットについて説明していきます。

  • 未学習
  • 3. 世界一わかりやすい!LINE@(ラインアット)のはじめ方と注意点

    LINE@が開放され店舗を持たないネットショップやブロガーなどでも運用できるようになりました。本記事はLINE@を始める方法から、友達の集め方などマーケティング利用や注意点について解説します。

  • 未学習
  • 4. LINE@の認証済みアカウントを開設&設定する方法

    LINE@の利用が自社の店舗やブランドに相性が良さそうであれば、早速アカウントを開設してみましょう。一ヶ月のメッセージの総配信数が1,000通を超えない範囲でなら無料で利用できます。

  • 未学習
  • 5. LINE@の友だち獲得方法

    LINE@は自社のアカウントを登録(友だちに追加)してくれたお客さまにのみメッセージやクーポンを配信することができます。 LINE@を活用するためには、まずは自社アカウントの友だちを獲得していきましょう。

  • 未学習
  • 6. LINE@のメッセージの配信方法

    LINE@のアカウントの友だち数が増えてきたら、いよいよメッセージを配信して集客してみましょう。 今回はLINE@専用アプリを使っての配信方法をお伝えします。

  • 未学習
  • 7. LINE@のクーポンを活用しよう

    LINE@の友だち数も増え、メッセージ配信の反応も出てきたら、次は集客のためにクーポンを配信してみましょう。 お店の新着情報も大切ですが、クーポンのようなわかりやすいメリットがあることで、お客さまの来店のきっかけに繋がります。割引や無料サービスを提供することでお店のコストにはなりますが、新規客を獲得するよりもリピート客をつくることの方が結果的には売上に繋がります。LINE@でリピート客をつくるための最適なクーポンを配信していきましょう。

  • 未学習
  • 8. LINE@の配信頻度とタイミングを考えよう

    メッセージやクーポンの配信をする際に考えたいのは「配信頻度」と「配信タイミング」です。配信の量が多かったり、不適切なタイミングだと、来店効果につながらないばかりか、せっかく登録してもらったお客さまからブロック(登録解除)につながってしまいます。お店ごとに最適な頻度とタイミングは異なりますので、以下の内容を参考に決めていきましょう。

  • 未学習
  • 9. LINE@の統計データをもとに運用を改善しよう

    LINE@でメッセージ配信を始めたら、運用の効果をチェックしましょう。 「友だち数がなかなか伸びない」「ブロック数が急に増えてしまった」「LINE@で配信したメッセージが来店につながったかどうかわからない」といった課題は、データを見ることで気付き、改善につなげることができます。 メッセージやクーポンを送りっぱなしにせず、日々運用を見直して改善していくことが重要です。

  • 未学習
  • 10. LINE@のタイムライン機能を活用しよう

    LINE@では、お客さまのトークにメッセージを配信するだけではなく「タイムライン」というフィードに投稿することもできます。LINE@トークと同様に活用してみましょう。今回は専用アプリでの方法で説明していきます。

  • 未学習
  • 11. LINE@の1:1トークを活用しよう

    LINE@では、お客さまのメッセージ配信やタイムライン投稿という一方的な情報発信だけではななく、カスタマーサポートなどに活用できる「1:1トーク」という機能があります。LINE@を通じてお客さまとやりとりしたい場合には活用してみましょう。専用アプリでのみ利用できます。