カリキュラム検索

キーワードで探す

ランディングページ最適化(LPO)

  • 未学習
  • 1. LPOとは

    ランディングページとはユーザーが最初に見るホームページのことです。そのページは第一印象であり、その後のユーザーの行動にも大きく影響することは必至です。そのランディングページを最適化し、成果の最大化を目指すこと、それをランディングページ最適化=LPO(Landing page optimization)といいます。

  • 未学習
  • 2. ランディングページ(LP)の構成について

    ランディングページでは、ある程度ユーザーに読んでもらう内容が必要です。ファーストビュー、問題提起や興味付け、解決法の提示や、クロージングなど、多くの要素を盛り込み、できるかぎり多くのユーザーにゴールしてもらうことがミッションです。LPOは1ページでそれらを表現する必要があります。

  • 未学習
  • 3. ランディングページ(LP)はストーリー性のあるフレームワークを使って作ろう

    LPにかぎらず説得力を増すコンテンツやプレゼンテーションには、定番の構成があります。AIDAの法則やQUEST FORMULA とよばれるストーリー手法です。それらは人間の心理にもとづいた構成であり、おぼえておいて損はありません。

  • 未学習
  • 4. LPの作り方(1)ファーストビューをつくるポイント

    ランディングページのファーストビューではキャッチ画像とよばれる興味をひく画像が必要です。そして、その画像も細心の注意をはらいユーザーにあったもの、直前のページとギャップがないものを選ぶ必要があります。またキャッチフレーズやリードなど、ファーストビューに必要なものを紹介します。

  • 未学習
  • 5. LPの作り方(2)アクション導線のつくり込み

    ランディングページはとにかくゴールさせることがミッションです。そのため、ボタンという最終アクションにからむものは、徹底的に作りこむ必要があります。大きさ、デザイン、文言、色合いなど工夫する箇所は多数ありますが、そのポイントを紹介します。

  • 未学習
  • 6. LPの作り方(3)商品説明でたいせつなこと

    ランディングページでゴールしてもらうためには、とにかく信頼されることが不可欠です。信頼なきところにユーザーは行動してくれないからです。第三者の声や、メディア掲載実績、第三者機関のデータなど、信頼性をたかめるコンテンツ(内容)はできるかぎり配置しましょう。お客様の声は定番中の定番です。

  • 未学習
  • 7. LPの作り方(4)クロージングの重要性

    ランディングページではいかにゴールしてもらうかが重要です。そのさい、クロージングといって、ユーザーに最終決心をしてもらうための「背中を押す」一工夫がとても重要です。ステップ画像や安心感の演出など、LPならではの最適化手法があります。

  • 未学習
  • 8. ランディングページ(LP)の直帰率を下げる方法

    ランディングページで直帰率が高いことは致命的です。直帰率とはそのページだけを見てすぐに去ってしまう割合のことです。つまり、ゴールしてもらえなかったことをさします。直帰率を下げるためには、ページの表示速度を上げたり、ファーストビューを工夫したり、さまざまな改善点があります。場合によってはヒートマップツールを使うことも。

  • 未学習
  • 9. ランディングページ(LP)のA/Bテストとは

    A/Bテストとは、異なるパターンのホームページを用意し、それらに特殊なプログラムを組み込むことで、ユーザーごとにランダムに違うページが表示され、それぞれを集計してくれるシステムです。どちらのページが成果を上げたのかを調べるツールとして広く使われています。

  • 未学習
  • 10. LPOツール(ヒートマップ)の活用

    ランディングページ(LP)を最適化する際、ページ内のユーザーの動きを知ることが重要です。「クリック、スクロール、どこまで読まれたか、どこでスクロールを止めたか」などページ内での動きがわかるととても助かります。ヒートマップを使えば新たな気付きが得られます。