カリキュラム検索

キーワードで探す

メルマガ

  • 未学習
  • 1. メルマガ(メールマガジン)とは

    メルマガとはメールを使って読者とコミュケーションするマーケティング手法です。メルマガ配信は、システムを使いますが、内容には書き手の人柄がでる、とてもヒューマンなメディアです。メルマガならでは特徴などご紹介します。

  • 未学習
  • 2. メルマガ配信前に目的とペルソナ設計は考えておこう

    メルマガを配信する前に、どういったターゲットに向けて配信するのかを決めなければなりません。ペルソナ設計といって、より具体的にユーザー像を定義することで、内容や企画の吟味に役立てます。

  • 未学習
  • 3. メルマガ配信の基本的な流れ

    メルマガを配信するには具体的にはどうすれば良いでしょうか。実際には、システムで用意されたものを使い、原稿を登録し配信することになります。無料、有料、ショップで用意されているもの、さまざまなシステムがあります。

  • 未学習
  • 4. メルマガの基本構成を覚えよう

    メルマガにはいわゆる基本的な構成があります。ヘッダー、リード、本文、フッターといわれる部分です。これらの構成は他のメルマガでも同様ですので、ユーザーを困惑させないためにもまずそれをベースに考えます。それぞれの箇所でのポイントも解説します。

  • 未学習
  • 5. メルマガで集客を成功させるリンクの設置方法

    メルマガを発行する目的の1つにホームページへの誘導があります。ただ、メルマガ内にURLを書くときには、あまり数を多くしないなどのコツも必要です。具体的にユーザーに何をしてほしいのかを明確にすることで、クリックされる率を高めることができます。

  • 未学習
  • 6. 売れるメルマガの書き方~3つのフレームワーク

    メルマガを書くだけでなく、いわゆる文章を書くときに定番の進め方があります。BEAFの法則やPREP法は、プレゼンテーションの世界などでも使われ、有名なテクニックです。メルマガを書くときにも勿論役立ちますので、マスターしたいものです。

  • 未学習
  • 7. メルマガの開封率を上げる魅力的なタイトルのつけかた

    メルマガの開封率をあげるにはタイトルが命です。タイトル次第でメルマガの開封率は劇的に変わります。もちろん、あまり煽るようなキャッチフレーズはいけませんが、いかに興味をひくかという視点で、試行錯誤を繰り返したいものです。

  • 未学習
  • 8. メルマガのキャッチコピーを考えよう

    メルマガは個人にとどくメディアです。ですから、読者のタイプを推し量り、内容をかえることで、より成果が期待できるはずです。期間限定、希少価値重視、最新トレンド、価格訴求、ぜいたく・高級感、権威訴求などさまざまなタイプの読者がいます。

  • 未学習
  • 9. 効果的なメルマガを送るには配信のタイミングが重要だった

    メルマガは個人に届く非常にパーソナルな媒体です。よって、読者の生活スタイルに合わせることによって、開封率にも影響がでます。時間帯、曜日、配信間隔など、試行錯誤を繰り返すことで精度があがっていきます。メルマガ配信のタイミングはとても重要です。

  • 未学習
  • 10. メルマガ購読者を増やす方法

    メルマガも1つの媒体です。しかし、そもそも読者がいなければ、メルマガ配信をしても反応は期待できません。ホームページであれば、いつか検索してもらえるという可能性はゼロではありませんが、メルマガの場合は読者がゼロですと、反応は100%ゼロです。読者獲得がとても重要なのです。

  • 未学習
  • 11. HTMLメルマガの書き方

    昨今、増えているHTMLメルマガ。手間はかかるものの、デザイン性の高さから利用者が増えています。人気のメルマガ配信システムMailChimpでのHTMLメルマガの作り方を紹介します。

  • 未学習
  • 12. 懸賞を企画してファンと交流しよう

    ECやWebサイトの販促展開としての定番が懸賞です。既存顧客に対するサービスでもあり、新規顧客の獲得に可能性を秘めています。ただ懸賞開催には法律に注意です。

  • 未学習
  • 13. 懸賞にはどんなタイプがあるのか

    懸賞にはいろいろな開催方法があります。それぞれメリット・デメリットがあり、その手間も異なります。懸賞を効果的にし、効率的に行うにはどういう点に注意すればいいかを紹介します。

  • 未学習
  • 14. Googleスプレッドシートを使った応募フォームの作成

    Googleドライブの機能であるスプレッドシートから簡単に応募フォームを作れます。セキュリティにも配慮したページになりますので、応募者も安心して応募できます。ただ運営時には細心の注意を払います。

  • 未学習
  • 15. プレスリリースでキャンペーンを告知する

    懸賞やキャンペーンを企画したら、ホームページに登録するだけでなくマスコミにも告知してPRしてもらいましょう。掲載は不確実ですが、掲載されれば効果は大きいといえます。

  • 未学習
  • 16. 読まれるプレスリリースの書き方

    せっかく良いキャンペーンを企画しても、マスコミや記者に取り上げてもらえなければ、もったいありません。読まれるプレスリリースとはどのようなものでしょうか。はずしてはいけないポイントをまとめました。

  • 未学習
  • 17. 定期的にユーザーに話題を提供しよう

    毎月3本というように、定期的にプレスリリースを配信しユーザーに話題提供をしたいものです。話題提供を定期的にすることで活動がブランディング(印象づけ)されていきます。

  • 未学習
  • 18. 長期的視点にたったユーザーとの接点作り

    ホームページを活性化させるときに、たんにプレゼントやキャンペーンだけを実施しても一過性のものに留まることが多いものです。それだけでなくユーザーのライフスタイルにまで関わる文化を作ります。

  • 未学習
  • 19. キャンペーン情報の漏洩に気をつけよう

    情報漏洩は決してあってはならないことです。個人情報は持たないにこしたことはありませんが、懸賞などでは一時的にもたざるを得ません。そんなときにも適切に情報を取り扱い、漏洩しないようにします。