カリキュラム検索

キーワードで探す

セキュリティ

  • 未学習
  • 1. 個人情報保護法と順守のポイント

    ホームページ担当者でなくとも絶対にしてはいけないことが個人情報の漏洩です。しかし、それは個人情報のデータを適切に取り扱うことで、トラブルを防げます。情報漏洩しないためのコツを解説します。

  • 未学習
  • 2. 情報を漏洩しないための具体的対策

    個人情報の漏洩はあってはいけないことです。しかし、漏洩することを想定して備えておくことも重要です。盗難、持ち出し、不適切な廃棄、過失、コンピュータウィルスなど想定される漏洩ごとに対策を紹介。

  • 未学習
  • 3. 情報漏洩(ろうえい)対策チェックリスト

    情報漏洩(ろうえい)は決してあってはならないものですが、全体の漏れをなくすことが重要です。情報漏洩の前後で必須と思われるチェック項目を紹介します。これをもとに関係者で議論し、ブラッシュップしましょう。

  • 未学習
  • 4. 迷惑業者にならないために!迷惑メール防止法の理解

    メルマガでない場合にも宣伝目的でメールを配信したいときがあります。しかし、現在リストがあるからといってむやみに宣伝メールを配信してはいけないことになっています。その迷惑メール防止法の詳細とは。

  • 未学習
  • 5. 不正アクセスを未然に防ぐ!覚えやすく強いパスワードの作り方

    不正アクセス被害が報告されています。破られやすいパスワードの運用は不正アクセス(ホームページの改ざんやなりすましによる課金被害等)がされやすくなります。しっかりと強いパスワードで運用をしましょう。

  • 未学習
  • 6. 販売を行うホームページは必読。特定商取引法とは

    特定商取引法はホームページで販売をする事業者は必ず守らなければならない法律です。意図しない購買をさせないためにも、しっかりと明記しましょう。返品特約も。

  • 未学習
  • 7. 無関係ではいられない!ソーシャルメディアポリシーの作り方

    ソーシャルメディアの広がりはまだまだ拡大するでしょう。ホームページ担当者として社内外のソーシャメディア活用のリスク管理をしなければならなくなっています。最低限のポリシーを作って運用しましょう。

  • 未学習
  • 8. プライバシーポリシーを記載しよう

    プライバシーポリシーはホームページで情報取得するさいには、必ず用意しなければならないホームページです。しかし、利用範囲や目的を限定して収集する分には最低限の記載で済むはずです。その項目とは。

  • 未学習
  • 9. ソーシャルメディア・炎上対策3つの基本

    ソーシャルメディアを運用すれば、炎上してしまう恐れがあることは避けられません(運用していなくともスタッフのアカウントからの炎上も含め)。大切なことは炎上を広げないこと。その対応や考え方をまとめました。

  • 未学習
  • 10. 知らなかったではすまされない、薬事法・景表法

    健康食品や化粧品、健康器具を扱う場合には、絶対に気をつけなければならない法律があります。それが薬事法と景品表示法(景表法)です。それらで規制されています広告表現を使ってはいけません。