【コマースハッカー】LP離脱による機会損失を防止!

「Commerce hacker」のロゴ

Commerce hacker

株式会社ディーアンドエム プランの詳細を見る^
Commerce hackerの3つの特徴
  • 【準備・運用工数ゼロ】タグ設置だけの簡単な準備だけ!日々の運用工数ゼロ
  • 【多機能】LP離脱対策だけでなくクロスセル/アップセルツールとしても対応可能
  • 【月額無料】成果報酬がベースのためランニングコストを抑えることが可能

Commerce hacker(コマースハッカー)_サービス資料

離脱防止サービス『Commerce hacker』について解説致します。

Commerce hackerとは?

成果報酬型で実施できるLP離脱防止サービス

ディーアンドエムが提供を開始するコマースハッカーは、簡単な準備で、運用工数ゼロ(すべてディーアンドエムで運用します)、最短7営業日で運用を開始できます。
また、コマースハッカーによる離脱防止で獲得できた成果に対して費用が発生する成果報酬モデルでのご提供となるため、ランニングコストを最小限に抑えることが可能です。
 
LP離脱の最大のデメリットは、機会損失です。
LP離脱対策をすることで顧客を呼び戻し、直帰率を減らせると、機会損失額を売上に繋げることができます。
 
また、 LP離脱対策だけでなく、クロスセル/アップセルツールとしてのご活用も可能です。

Commerce hackerの機能紹介

1LP離脱による機会損失防止を目的にしたサービス
ECサイトの売上アップ やLP離脱やカート落ちによる機会損失防止を目的にしたサービスです。コマースハッカーを利用すれば、LP接触で離脱してしまった訪問者を抑制し、 CVRに繋げることが可能です。
「Commerce hacker」の説明画像1
2LP離脱対策だけでなく、クロスセル/アップセルツールとしても対応可能
LP離脱防止をすることで顧客を呼び戻し、機会損失額を売上に繋げることができます。クロスセル/アップセル等、CRM施策を成果報酬で実施したい方にもおすすめです。
「Commerce hacker」の説明画像2
3タグ設置だけの簡単な準備だけ!日々の運用工数ゼロ
タグ設置だけの簡単作業ですぐに始められます。月額無料の完全成果報酬のため、設置費用・運用費用等はすべて0円!成果報酬だけで運用可能です。
「Commerce hacker」の説明画像3

料金・プラン

※プラン詳細についてはお問合せください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

サービス資料

Commerce hacker(コマースハッカー)_サービス資料

離脱防止サービス『Commerce hacker』について解説致します。

お問い合わせ

サービスについて下記よりお気軽にお問い合わせください。
株式会社ディーアンドエム
代表者名金丸 悠一
資本金55,000,000円
従業員規模50〜99人
所在地東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F

同じカテゴリのツール

\カンタン1/
無料会員登録
はコチラ!