サイト内改善

UX

全6回

UX基礎

「UXの考え方と、WebサイトのUX設計の必要性」の見出し画像

01

会員限定

UXの考え方と、WebサイトのUX設計の必要性

デジタルマーケティングにおいて「UX(ユーザー体験)」を高めることは極めて重要です。しかし、なぜUXは重要とされ、どうすれば高めることができるのでしょうか。今回は、UXの定義をもとに、UXを高めていくための考え方となる基礎知識を解説します。

受講スタート
「ビジネスゴールの定義 ~ KPI設定は難しくない」の見出し画像

02

会員限定

ビジネスゴールの定義 ~ KPI設定は難しくない

UX設計をする前に最初に着手するのはビジネスゴールの定義です。UX向上の取り組みは、最終的にビジネス成果に繋げる必要があるのですが、実際には施策ありきで議論が進んでしまうケースが多いようです。身に覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか

受講スタート
「ターゲットユーザー定義 ~  コミュニケーションが変わる軸を見出すこと」の見出し画像

03

会員限定

ターゲットユーザー定義 ~ コミュニケーションが変わる軸を見出すこと

Webページの改善などを繰り返していると誰がどのような状況で利用するサイトなのかが忘れ去られがちです。ターゲティングが曖昧なまま改善を続けても根本的な解決に至らないことがあるので、まずはよくあるターゲティングの失敗パターンをみてみましょう。

受講スタート
「コミュニケーションシナリオの策定(1) ~  サイトの良し悪しはユーザの状況・文脈が決める」の見出し画像

04

会員限定

コミュニケーションシナリオの策定(1) ~ サイトの良し悪しはユーザの状況・文脈が決める

これまでにゴールを定義する方法やターゲットユーザーの定め方を解説してきました。今回は実際にWebサイトのコンテンツなどのページ設計を説明します。

受講スタート
「第5回:コミュニケーションシナリオの策定(2)~  ユーザの状況を捉え、文脈に寄り添う」の見出し画像

05

会員限定

第5回:コミュニケーションシナリオの策定(2)~ ユーザの状況を捉え、文脈に寄り添う

良いシナリオを実現するためには「良いコンテンツ」が重要です。「良いコンテンツ」は、ユーザが置かれている状況、サイトを訪問する際の状況を捉えることで導かれます。今回はコミュニケーションシナリオを作成するためのポイントについてまとめていきます。

受講スタート
「ユーザー視点での検証 ~ プロトタイピングと行動観察の実践手法」の見出し画像

06

会員限定

ユーザー視点での検証 ~ プロトタイピングと行動観察の実践手法

これまでゴール定義、ターゲットユーザ定義、シナリオ策定についてお話ししてきましたが、すべてにおいてユーザ視点で検証を重ねましょう。今回はその具体的な方法についてお伝えします。

受講スタート
講座一覧に戻る
会員特典画像
現在の会員数503,191
メールだけで登録できます→
会員登録する【無料】
\カンタン1/
無料会員登録
はコチラ!