カリキュラム検索

キーワードで探す

SEO

  • 未学習
  • 1. 基礎知識:SEOについて正しく理解しよう

    検索エンジンの検索結果で、上位に表示されたり、多くの機会で見つけられたりすれば、ホームページの集客力は飛躍的に向上します。このように検索エンジンに見つけられやすく対策して、集客する手法をSEO(検索エンジン最適化)といいます。SEOは現在ホームページの集客施策には欠かせないものとなっています。

  • 未学習
  • 2. 基礎知識:検索エンジンの裏側を知ろう

    GoogleやYahoo!に代表される検索エンジンは、どのように検索結果を決めているのでしょうか?本記事では、検索エンジンの裏側を知ってホームページ作りに活かしていきましょう。

  • 未学習
  • 3. 基礎知識:検索エンジンの歴史を知ろう

    検索エンジンが登場して20年以上がたとうとしています。その間、検索エンジンは私たちに便利な機能を提供してくれました。一方でスパムと呼ばれる迷惑行為を行うホームページ事業者とも戦ってきました。これからの検索エンジンがどのような未来を見せてくれるのか。歴史を知ると、普遍的なSEOもあるのではないでしょうか。

  • 未学習
  • 4. 基礎知識:SEO対策キーワードの重要性を理解しよう

    SEOを行うとき、どういうキーワードで上位表示を目指すのか、という本質を考えることがとても重要です。一方で、そのキーワードを考えるということは、ユーザーのニーズや問題解決を考える、ということにもつながります。課題解決したい人が検索し、それに答えられるホームページであれば、おのずと見つけられやすくなる、というわけです。

  • 未学習
  • 5. 基礎知識:SEO対策キーワードの具体的な選び方

    この章では、目指すべき対策キーワードを考える方法、そのキーワードにどれくらい市場性があるのか、競合がいるのか、といったマーケティング的な観点で吟味をしましょう。いくらニーズがあるからといいましても、競合があまりにも多く、戦うには現実的でないケースもあります。allintitle検索やキーワードプランナーの活用といったスキルも必要になります。

  • 未学習
  • 6. 基礎知識:SEO対策キーワードの検索数を調べる

    対策キーワードを決める際に、キーワードがどれほどほど検索されているかは非常に重要な要素の一つです。本記事では、そのキーワードの検索数の調べ方をご紹介します。

  • 未学習
  • 7. 基礎知識:SEO対策キーワードの上位表示の難易度を調べる

    キーワードの人気度は前章で調べました。今章ではそのキーワードの難易度を調べましょう。難易度の高いキーワードは上位表示出来ないこともあります。

  • 未学習
  • 8. 基礎知識:キーワードプランナーを活用しSEOからの売上予測を立てる方法

    SEOやリスティング広告などユーザーをホームページに呼びこむ必要性は分かるものの、一体いくらまで広告予算を投下してもいいのか。 そんな疑問を持つ方にピッタリのツール「キーワードプランナー」を活用して、SEOで上位表示されたときの売上げ予測を立てる方法を紹介します。

  • 未学習
  • 9. 基礎知識:自社ホームページの検索順位を確認しよう

    検索順位の上位表示を目指すとしても、自社ホームページの現在順位を知らなければどれぐらい力を注ぐべきなのか判断することが出来ません。10位ぐらいまでは把握できてもそれ以降まで把握している方は少ないのが現状です。自社ホームページの検索順位を定点観測することはSEOにおいて基礎中の基礎となります。

  • 未学習
  • 10. 内部対策SEO:クローラーにホームページを巡回させよう

    SEO対策を行う際に、クローラーにしっかりとホームページを登録してもらう必要があります。そのためにクローラビリティという、クローラーがホームページからデータを取得しやすくする、という考え方が重要になります。

  • 未学習
  • 11. 内部対策SEO:URLネーミングの決め方

    ページを作るとき、必ず発生する問題としてURLをどういったネーミングするかというのが挙げられます。本記事では、日本語URLと英語URLのメリット・デメリットやハイフンとアンダースコアなどを解説します。

  • 未学習
  • 12. 内部対策SEO:htaccessを利用して301リダイレクトを行う方法(mod_Rewriteが使える場合)

    Webサイトを運営していると、URLの転送が必要になることは多々あります。その際、旧URLが持っているGoogleからの評価を引き継いで転送することができるのが301リダイレクトです。本記事では301リダイレクト(mod_Rewriteが使える場合)のやり方をご紹介します。

  • 未学習
  • 13. 内部対策SEO:SEOに適したケース別リダイレクト方法を理解しよう

    リダイレクトの種類には、.htaccessを使用するサーバー転送や、canonical属性、meta refresh、JavaScriptなどを使用した転送方法があります。本記事では、ケースに応じてどのリダイレクト方法を選択するのか紹介します。

  • 未学習
  • 14. 内部対策SEO:リンクポピュラリティの分散を防いで上位表示を目指そう

    同じページが表示されていても、URLの統一をが一部でも違うだけで別ページと判断されてしまいます。そうすることで、リンクポピュラリティ(評価)も分散してしまいます。本記事ではリンクポピュラリティの分散を防いでいく方法をご紹介します。

  • 未学習
  • 15. 内部対策SEO:canonical属性タグの使い方〜URLの正規化でSEOのマイナス評価を避けよう

    URLの正規化で非常に重要な役割を果たすのが、canonicalです。URLの正規化を行わないとリンクポピュラリティの分散を招き、SEO対策としてはマイナスです。設定を間違えると検索結果から削除されてしまうなど、慎重な対応が必要なものでもあります正しく使うことでリンクポピュラリティの分散も防ぐことができるので、必ず対応しておくべきものでもあります。今回は、canonicalの正しい使い方を紹介します。

  • 未学習
  • 16. 内部対策SEO:URLパラメータ ツールを使ってURLを統一する

    Googleウェブマスターツール(Google Search Console)のURLパラメータツールを使うと、Googleにパラメータ処理の指示を出すことが出来ます。しかし、間違った設定をすると一切クロールされなくなるなど、取り扱いに気をつけなければいけないツールでもあります。本記事ではそのツールの使い方を解説します。

  • 未学習
  • 17. 内部対策SEO:sitemap.xmlを作成しよう

    サイトマップには、ウェブサイトに訪れたユーザーのためのHTML形式のサイトマップと、検索エンジンのためのXMLサイトマップがあります。今回は、Googleのクローラにウェブサイトのページを通知することに役立つsitemap.xmlを、手動・ツール・プラグインの3種類で作る方法を解説します。SEOはベストプラクティスの積み重ねです。Googleに適切なサイト構成を伝えましょう。

  • 未学習
  • 18. 内部対策SEO:robots.txtの正しい書き方

    ホームページを作成しても、検索エンジンがそのページをクロールして検索結果に表示してくれなければ意味がありません。 robots.txtはこのクローリングを最適化し、重要なページをしっかりと検索結果に表示してもらうために使います。また、検索結果に表示したくないページを指定することも出来ます。本記事では、robots.txtについて学んでいきましょう。

  • 未学習
  • 19. 内部対策SEO:robots.txtテスターの使い方

    robots.txtの管理・更新を簡単に行えるように、Googleウェブマスターツール(Google Search Console)内で使えるのが「robots.txtテスター」です。本記事では、robots.txtテスターの使い方を学んでいきましょう。

  • 未学習
  • 20. 内部対策SEO:アンカーテキストを最適化しよう

    クローラーがリンク先のページの内容を把握するために利用している要素の一つに「アンカーテキスト」があります。「アンカーテキスト」を最適化することでページの内容をしっかりと検索エンジンに伝えることが出来ます。本記事では、アンカーテキストの重要性と、最適化の方法をご紹介します。

  • 未学習
  • 21. 内部対策SEO:nofollow属性タグ

    nofollow属性タグとは、検索エンジンがnofollow属性タグの張られたリンク先をクローリングしなくなるタグです。では、このタグはどんなときに使うのでしょうか。本記事は、nofollow属性タグを使うポイントをご紹介します。

  • 未学習
  • 22. 内部対策SEO:タイトルタグ<title>~</title>

    タイトルタグの中に対策キーワードが入っていないと、上位表示には致命的とも言われています。ここではSEOを意識したタイトルタグの考え方を学びます。

  • 未学習
  • 23. 内部対策SEO:要約タグ<meta description>

    meta descriptionはページの内容を要約する要素タグです。この情報を読み取って、クローラーはページの内容を理解しようとします。また、ここに設定されているテキストが検索結果にも表示されます。本記事では、meta descriptionの設定について紹介します。

  • 未学習
  • 24. 内部対策SEO:meta keywords<要約タグ>

    meta keywordsは、meta descriptionと同様にページの内容をキーワードとして示したタグとなります。本記事は、meta keywordsをどう設定するのか、SEO以外の観点からも考えて説明します。

  • 未学習
  • 25. 内部対策SEO:見出しタグ<hタグ>

    見出しタグである<hタグ>は<h1><h2>...と数字が大きくなるほど見出しの強さが弱くなっていくタグになります。また、数字飛ばしで使ってはならないタグでもあります。本記事では、具体的にどのようなときに、見出しタグを使うべきなのかなどを解説します。

  • 未学習
  • 26. 内部対策SEO:引用タグ<blockquote>

    引用タグとは他サイトなどから文章を引用するときに使うタグですが、最近このタグの重要性が見直されています。なぜ見直されているのでしょうか?そこには最近の検索エンジンの評価付けの問題が関係しています。本記事では、引用タグがなぜ大事なのか、どんなときに使うのかを解説します。

  • 未学習
  • 27. 内部対策SEO:ページネーション対策 link rel="next"/"prev"

    一覧ページなどでよく見るページネーションですが、一見1ページ目と2ページ目でデザインがほぼ同じだからといって、2ページ目を1ページ目に向けたcanonicalなどを用いてしまいがちです。しかし、それは誤った設定です。ページネーションを正しく設定しないと思わぬ落とし穴にハマってしまうことも。本記事では、ページネーションの正しい設定方法を解説します。

  • 未学習
  • 28. 外部対策SEO:ペナルティを受けないようにする方法

    過度なSEOを施しGoogleから目をつけられた人がいます。Googleから行き過ぎたSEOには警告が来ることが知られています。その結果、検索結果でホームページが表示されなくなる(順位が大きく落とされる)ことがあり、それをGoogleペナルティとよびます。

  • 未学習
  • 29. 外部対策SEO:ペナルティを受けているかを確認する方法

    Googleによるペナルティは2種類あります。Googleのサーチクオリティチームが手動によって課すケースと、アルゴリズムによって自動で課されるケースです。 ペナルティを受けないようなサイト運営はもちろんですが、自社サイトの状況を常にウォッチしてペナルティを受けていたら、そこから復旧をいち早くするのもWeb担当者の役目のひとつになります。

  • 未学習
  • 30. 外部対策SEO:Googleペナルティの解除申請の方法

    Googleから検索結果での順位を落とされるGoogleペナルティを受けましたら、適切に対応を行い結果を送信するほかありません。行き過ぎたSEOの処理がなくなったことがわかりますと、ペナルティは解除されます。ウェブマスターツール(Google Search Console)に警告を発見しましたら、冷静に対応しましょう。

  • 未学習
  • 31. 外部対策SEO:QDFアルゴリズムの理解とその活用方法

    Googleは検索順位を決定するためのアルゴリズムの1つに「Query Deserves Freshness」、通称QDFアルゴリズムがあります。Googleが公式に存在を認めているQDFアルゴリズムは、瞬間的に注目を浴びているニュースやネタなどとのマッチ度が高いと思われるコンテンツを保有している場合に適用されるアルゴリズムです。今回は、QDFの意味やQDFを考慮した基本的なコンテンツの作成方法を解説します。