2章 集客講座: SEO対策制作コース

1. URLやドメインの考え方

ページを作るとき、必ず発生する問題としてURLやドメインをどうするかというのが挙げられます。本記事では、日本語URLと英語URLのメリット・デメリットやハイフンとアンダースコアなどを解説します。

2. URLを正規化してリンクポピュラリティの分散を防ごう

同じページが表示されていても、URLの一部分が違うだけで別ページと判断されてしまいます。そうすることで、リンクポピュラリティ(評価)も分散してしまいます。リンクポピュラリティの分散を防いでいく方法をご紹介します。

3. URLパラメータツールを使ってURLを統一する

Google Search ConsoleのURLパラメータツールを使うと、Googleにパラメータ処理の指示を出すことが出来ます。しかし、間違った設定をすると一切クロールされなくなるなど、取り扱いに気をつけなければいけないツールでもあります。本記事ではそのツールの使い方を解説します。

4. https(SSL化)のSEO効果とは

ユーザーフレンドリーなページを作る上で、欠かせないのがhttps(SSL化)対応ではないでしょうか。実はGoogleもhttps対応を推奨していて、SEOのランキング要因として使うとも明言しています。

5. ページ表示速度が検索順位に与える影響を理解して、表示速度を改善しよう

ページ表示速度の改善はSEOで検索順位を改善する重要な項目です。今回はその改善方法について紹介します。