BtoBマーケティングが浸透してきた今、「BtoBマーケ」について検索すれば、まとめ情報は無数に見つかります。でも、マーケティング担当者が切実に知りたいリアルな体験談や等身大のノウハウは、なかなか見つかりません。

そこで本コラムでは、読者に代わって、『ferret』運営会社である株式会社ベーシック 代表取締役の秋山が、活躍するマーケターや成長企業の経営層に突撃インタビュー。BtoBマーケ成功の秘訣を探ります。

今回のゲストは、数々のセミナーから引く手あまたの登壇者であり、BtoB専門Web制作の先駆け的存在、株式会社ベイジの代表者かつ、現役のデザイナーでもある、枌谷氏です。

プロフィール

枌谷 力(そぎたに つとむ)

baigie-basic04.JPG
株式会社ベイジ 代表
大学卒業後、NTTデータに入社。4年間営業に従事した後、Webデザイナーとして転職。Webディレクターとしても経験を積み、2007年の独立を経て、2010年に株式会社ベイジを設立。現在は、BtoBマーケティング、戦略コンサル、UXデザイン、アクセス解析を得意分野とするデザイナー兼経営者。2017年にはナイル株式会社のUX戦略顧問に就任。

秋山 勝(あきやま まさる)

baigie-basic03.JPG
株式会社ベーシック 代表取締役社長
高校卒業後、商社に入社。2001年、IT系上場企業に移り、Webマーケティング分野の新規事業企画などを手がける。2004年に「世の中の問題を解決する」をミッションに、株式会社ベーシックを創業。設立以降、50を超えるサービスを生み出し、10件以上のM&Aの実績を持つ。

子どもの頃も、今も、「データベース」が大好き

秋山:以前から、ご自身のブログやnote以外に、色々なメディアで取材を受けたり、コラムを寄稿したり、幅広く活動されていますよね。どの記事も、ユニークな視点と、「ここまでやるのか」という深掘りがあって、思慮深くて丁寧な人柄が伝わってきますが、枌谷さんは、「この記事のためにネタを考える」というスタンスでは書かないとか?

枌谷氏:そうですね。Evernoteには400本くらいブログの原案やメモが保存されていますし、それ以外に日頃考えていることもあるので、その中から記事のネタを選びます。執筆依頼や取材内容に合わせてネタのストックを提供している感覚に近いですね。こういうインタビューは、その場の思いつきで話していたりしますが(笑)

秋山:「そんな枌谷さんの思考プロセスを知りたい、身につけたい」と思うマーケターは、僕以外にも多いと思うので、まず、「今の枌谷さんが出来るまで」をお聞きしても良いでしょうか。小さい頃はどんな子どもだったのか、というところから。

枌谷氏一言で表すとオタクっぽい子どもですね。まず物心ついたときから絵を描くのが好きでした。買ってもらった絵本には、ほとんどのページに落書きしていました。カワイイ動物が出てくる絵本にヘタクソなバルタン星人が登場したりとか。大人になってデザイナーを目指したのも、この頃の原体験が影響しているかもしれません。

それと、男子は割とそうだと思うのですが、データベース的なものが好きでしたね。誕生日プレゼントは毎年、おもちゃではなく図鑑をもらっていたせいもあって、生物の系統樹や進化の系譜、生きた化石や深海生物のようなマニアックなカテゴリの生き物を深掘りして行くことが好きでした。

ドラえもんの道具大百科や怪獣百科事典、モビルスーツ大全みたいな、データベースっぽく整理された分厚い本を見るとワクワクしました。情報構造を読み解いたり、自分の頭の中にインストールする作業が、そもそも好きだったんだと思います

秋山:じゃあ、学校の勉強もできたんですか?

枌谷氏:小学校の成績は悪くなかった気がします。真面目に勉強していたというより、好きなことを好きに覚えていただけですが。体育を除いて、学校の勉強はなんでも楽しかった記憶がありますし。

小学校6年生の自由研究で、でっかい日本史の年表を一人で作ったんです。確か、2クラス分の廊下の壁を使わないと貼り出せないくらいの大きさでした。そのときのモチベーションも、「褒められたい」というよりは、「好きだから、やりきりたい」というもの。そもそも、好きじゃなきゃ、そんな面倒なことに手を出しませんよね。

今もよく、僕のブログは「長い」と言われるんですが、小学校時代からその傾向があった気がします。「将来なりたいもの」という作文でも、原稿用紙10枚以上にわたって、生物学者になって世界旅行をする物語を描いていました。昔から、基本的に大作主義だったんですよね。