ホームページを作成するための様々な作業を、一元的に管理できるシステムのことをCMS(コンテンツ マネージメント システム)と言います。ホームページを作成するには文章や画像などのコンテンツの作成からHTMLCSSを使った構成・装飾の記述、リンクの設定などが必要ですが、CMSを使用すればこれらの作業を自動的に行なうことができます。

CMSの特徴

CMSには以下のような特徴があります。1デザインのひな形を使えば、専門知識がなくてもホームページ作成ができるホームページを作成するには、HTMLCSSなどのプログラミング言語を使って構成をつくり、画像や文章、デザインを編集したりしなければなりません。このような作業はある程度の知識が必要です。

CMSを導入すれば、ページのデザインがひな形として用意されていたり、様々な作業が自動化されているため、初心者でもホームページを簡単に作成することができます。

CMS

更新の手間が大幅に短縮できる自分でホームページを作成できるという人でも、更新する際に、都度ページを用意するにはかなりの手間がかかります。CMSを活用すれば、テキストや画像を用意するだけで自動でページを作成でき、更新の手間が大幅にカットできます。

また企業の場合は、ページを作成・管理する人員を減らすこともできるでしょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

機能を簡単に追加できるプラグイン

ホームページ内で使用する機能(検索機能や写真のポップアップ機能など)をプラグインというものを入れるだけで、簡単に実装することができます。そのため、実装するために必要なプログラミング言語の習得は必要ありません。

これまでホームページの制作には制作会社に依頼を行う必要がありましたが、CMSの導入により、専門的な知識や技術に特化していない担当者でもホームページの作成・編集・管理が簡単になるというメリットがあります。また、世界的にも普及しているWordpressに関しては無料で利用できるので、導入のための障壁が低いと言えるでしょう。

会話例

CMSを導入してみよう」
「成果を出すCMSには特徴がある」