ホームページを閲覧すると「履歴」が残りまず。IT用語では「Cookie」や「キャッシュ」と表現します。
Cookieやキャッシュという言葉自体はよく聞きますが、二つの単語の違いをしっかり理解されている方は少ないのではないでしょうか。
今回はCookieとキャッシュの違いやどこで活用されているのかご紹介します。

Cookie(クッキー)とは

Cookie(クッキー)とは、ホームページを訪問したユーザーの情報を一時的の保存する仕組み、またはそのデータです。ID、パスワード、メールアドレス、訪問回数などがユーザー情報として保存されます。これによって再訪問したときにユーザーを特定し、情報を入力する手間が省けます。ショッピングサイトに訪問したとき、すでにログイン状態になっている、以前カートに入れた商品がそのまま残っているのは、Cookie機能がはたらいているからです。

参照:cookie とは 意味/解説/説明 (クッキー) | Web担当者Forum

キャッシュとは

キャッシュとは、閲覧したWebページの情報を一時的に保存する機能です。キャッシュデータを保存しておくと、2回目に同じWebページに訪問したときに表示するスピードが上がりより閲覧しやすくなります。

参照:キャッシュとは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など [SEO HACKS]

Cookieとキャッシュには一時的に保存する情報が異なっています。
CookieはID、パスワードなどユーザー自身がWebブラウザに入力した情報、キャッシュはユーザーが見たホームページの情報を保存します。

Cookieやキャッシュが利用されるとき

ユーザー自身が入力した個人情報やユーザーが閲覧したホームページの情報を保存します。そのため、より訴求できる広告ユーザーの属性や志向性別にターゲティングする行動ターゲティング広告に利用されます。また、一度情報を保存しておくと何度もホームページを訪問したときでも同じユーザーであることが判別できます。アクセス解析でユニークユーザーを計測するときに利用されます。

Cookie(クッキー)を保存、削除する方法

Cookieを保存したり削除したりするのはユーザー自身が管理することができます。
以下はすべてブラウザGoogle Chromeを使用するときの方法です。

Cookie(クッキー)を有効、またはブロックする

スクリーンショット_2017-04-05_16.42.14.png
ブラウザのバーにある赤枠のアイコンをクリックします。

スクリーンショット_2017-04-07_10.17.51.png
設定をクリックします。

スクリーンショット_2017-04-07_10.18.10.png
設定を管理するページの下部にある、「詳細設定を表示...」をクリックします。

スクリーンショット_2017-04-07_10.18.37.png
プライバシーを管理するページの、「コンテンツの設定...」をクリックします。

スクリーンショット_2017-04-07_10.19.30.png
Cookieを設定するボックスが表示されます。このページでCookieを保存する、またはブロックする設定ができます。

Cookie(クッキー)を削除する

スクリーンショット_2017-04-05_16.42.14.png
ブラウザのバーにある赤枠のアイコンをクリックします。

スクリーンショット_2017-04-05_16.46.29.png
その他のツールから、閲覧履歴を消去をクリックします。

スクリーンショット_2017-04-05_16.46.43.png
閲覧履歴を消去するボックスにある、Cookieなどのサイトデータやプラグインデータ、キャッシュされた画像とファイルの二つのチェックボックスにチェックを入れます。
右下の閲覧履歴データを消去するをクリックすれば削除できます。

AndroidやiOS、他のブラウザの方法はGoogle アカウントヘルプページに記載されているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
参照: キャッシュと Cookie をクリアする - Google アカウント ヘルプ

Cookie(クッキー)やキャッシュを削除するタイミング

Cookieやキャッシュを削除するべきタイミングがあります。Cookieはユーザーがホームページで入力した情報を保存します。ネットカフェのような、不特定多数の人が使うパソコンを使用したあとは、個人情報保護のためにCookieを削除したほうが安全です。また、キャッシュが保存されると表示スピードが向上する一方、更新頻度が高いホームページの場合更新前のサイトが表示される可能性があります。ホームページの更新頻度によっては、キャッシュを削除したほうがいいでしょう。

キャッシュの内容を確認する方法

キャッシュの内容を確認できます。

スクリーンショット_2017-04-07_9.47.02.png
Google Chromeを使用している場合、chrome://cacheと検索するだけで簡単に内容を確認できます。

まとめ

Cookieやキャッシュは一時的に情報が保存されるので、次回ホームページを訪問したときの情報入力の手間が省ける、表示スピードが向上するメリットがあります。
個人情報が漏洩して悪用される可能性を減らすために、自分以外に使用者がいるデバイスを利用するときには注意が必要です。使用前にCookieの設定を確認する、または使用後にCookieを削除する必要があるかもしれません。削除するべきタイミングを把握して、うまく活用していきましょう。

もっとCookie(クッキー)やキャッシュを理解する

キャッシュデータの用語説明

キャッシュデータの用語説明

キャッシュデータとは、インターネットブラウザが一時的に保存しているWebページのデータのことです。

Cookieの用語説明

Cookieの用語説明

Cookieとは、Webサイトごとにパソコン内にデータが保存される仕組みのことを言います。