ホームページを閲覧すると「履歴」が残ります。IT用語では「Cookie(クッキー)」や「キャッシュ」と表現します。

Cookieやキャッシュという言葉自体はよく聞きますが、二つの単語の違いをしっかり理解されている方は少ないのではないでしょうか。今回はCookieとキャッシュの違いやどこで活用されているのか、削除方法をご紹介します。

Cookie(クッキー)とは

Cookie(クッキー)とは、ホームページを訪問したユーザーの情報を一時的の保存する仕組み、またはそのデータです。ID、パスワード、メールアドレス、訪問回数などがユーザー情報として保存されます。これによって再訪問したときにユーザーを特定し、情報を入力する手間が省けます。ショッピングサイトに訪問したとき、すでにログイン状態になっている、以前カートに入れた商品がそのまま残っているのは、Cookie機能がはたらいているからです。

Cookie(クッキー)規制の動きが広がっている

多くのメリットがあるCookieですが、近年は国内外で規制の動きが広がりつつあります。2019年11月には個人情報保護委員会が「Cookieの利用でデータの提供先企業が個人情報を扱う場合、新たな規律を検討する」と公表していることから、今後国内でもCookie規制が強まる可能性が高いでしょう。

今までの施策が使えなくなるかも?Cookie規制とその影響範囲についても解説

今までの施策が使えなくなるかも?Cookie規制とその影響範囲についても解説

2019年にリクルートが運営するリクナビ「内定辞退率予測」が問題になり、個人情報の扱い方を見直す企業が増えています。 世界的にも個人情報保護の動きが加速しており、2020年以降は日本企業もより厳しい基準でデータを扱わなければならなくなりそうです。 特に多くのインターネット企業に影響を及ぼしそうなのが「Cookieの規制」です。ターゲティング広告などインターネット広告にもよく活用されているCookie が、今までのように使えなくなる可能性があります。

キャッシュとは

キャッシュとは、閲覧したWebページの情報を一時的に保存する機能です。キャッシュデータを保存しておくと、2回目に同じWebページに訪問したときに表示するスピードが上がりより閲覧しやすくなります。

参照:キャッシュとは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など [SEO HACKS]

Cookieとキャッシュには一時的に保存する情報が異なっています。CookieはID、パスワードなどユーザー自身がWebブラウザに入力した情報、キャッシュはユーザーが見たホームページの情報を保存します。

Cookie(クッキー)やキャッシュが利用されるとき

ユーザー自身が入力した個人情報やユーザーが閲覧したホームページの情報を保存します。そのため、より訴求できる広告ユーザーの属性や志向性別にターゲティングする行動ターゲティング広告に利用されます。また、一度情報を保存しておくと何度もホームページを訪問したときでも同じユーザーであることが判別できます。アクセス解析でユニークユーザーを計測するときに利用されます。