デバイスとは「特定の機能を持つ道具」を表す語で、転じてパソコンを構成するさまざまな機器や装置、パーツを指すようになりました。基本的に、コンピューターの内部装置や周辺機器、スマートフォンなどの単体で機能を持つ電子機器や電子端末は、すべて「デバイス」と呼ばれます。また、時には一部のソフトをデバイスともなすこともあります。

デバイスの具体例

デバイス

デバイスには、以下のようなものがあります。

・ハードディスクやCPU、グラフィックカードなどの内部装置。
・マウスやキーボード、モニターやプリンターなどの外部装置。

要するに、パソコンそのものがデバイスの集合体だということです。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

デバイスを動かすために必要なもの

デバイスを動作させるには、それを制御するソフトウェアが必要です。このソフトウェアのことを「デバイスドライバ」といいます。

デバイスは、デバイスドライバがインストールされていることで正常に機能します。たとえば、プリンターを購入すると専用のデバイスドライバが付属されています。このデバイスドライバをパソコンにインストールすることで、プリンターの使用が可能になるのです。

またWindowsでは、自分が使用しているパソコンのデバイスを「デバイスマネージャ」という機能で確認することができます。
ドライバーが正常にインストールされていないデバイスは「不明なデバイス」としてエラーが表示されます。

デバイスから派生した語

デバイス」から派生した語は多くあるので、一部を紹介します。

・モバイルデバイス
携帯して持ち歩ける電子機器のこと指します。

・スマートデバイス
上記のモバイルデバイスのうち、スマートフォンやタブレット端末などを指します。

・ポータブルデバイス
主にポータブルオーディオやデジタルカメラなどを指します。

ウェアラブルデバイス
腕時計やイヤホンなどの身に付けるタイプのものを指します。

・オーディオデバイス
スピーカーやヘッドホンなど、音声の出入力を行うものを指します。

会話例

「家電量販店で新しいデバイスを購入した。」
「たくさんのデバイスを接続したせいで、ケーブル類がごちゃごちゃだ。」