Webサイトとは

Webサイトとは、インターネットの標準的な情報提供システムであるWWW(ワールドワイドウェブ)で公開される、Webページ(インターネット上にあるコンテンツ)の集まりのことです。
Web(ウェブ)とは、蜘蛛の巣の形状に由来しており、ハイパーリンクによってサイトやページが相互に繋がっている状態をたとえています。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Webサイトとホームページの違いとは

「ホームページ」とは、Webサイトの1番最初のページを指しており、以前はWebサイト全体まで包括して「ホームページを作成する」などの用法で使用されていましたが、現在はWebサイトという呼称が広く使われるようになりました。

Webサイト内のページリンクでつながり、互いに行き来できるようになっており、あるWebサイトから別のWebサイトへ次々と移動することを「ネットサーフィン」と呼びます。

インターネットの普及に伴い、webでのビジネスが増加しています。
主に「広告収入型」、「Eコマース型(電子商取引)」、「コンテンツ提供型」などがあります。
「ECショップ(オンラインショップ)」と呼ばれる、実店舗を持たなくてもインターネット上で商品を販売できるWebサイトは、
インターネット上であればいつでもどこでも購買が行えて手軽ですが、
実際に商品を手にとってみることができないため、Webサイト上でいかにその商品の魅力を伝えるかが大切になってきます。

広告収入型」ビジネス(アフィリエイトなど)は、ウェブページ広告リンクを貼り、宣伝する方法で、一般的になってきました。
自分のWebサイトの宣伝にもなり、他のサイトの広告を載せて宣伝効果があった場合は他サイトの売り上げの一部が報酬になるので、
Webサイトの特性を生かしたビジネスだといえます。

用語の使い方

「自社のWebサイトへの訪問者が増加した。」
Webサイトを開設する。」