CS(しーえす)」とは「Customer Satisfaction」の略称で「顧客満足度」を意味します。顧客との関係維持、サービスの発展に関するマーケティング戦略に関わる用語です。

1980年代からアメリカで流行し、日本では、1990年代後半に多くの企業で取り入れられています。

具体な手法としては、顧客の自社製品、またはサービスにどの程度満足しているのかを数値化し、それを向上させることで顧客満足度を上げていきます。CSマーケティングにおいては、プロセスが大きく2つに分かれています。1つ目が顧客満足度を数値化するプロセスであり、2つ目が顧客満足度を維持、向上させていくプロセスです。CSは顧客との良好な関係作りのための戦略のため、顧客満足度を上げることに重視するばかりに過度なサービス競争が生じるなどの問題もあります。顧客満足度をいかにして、売り上げにつなげていくか、ということが重要で、そのためのプロセス作りが必要と言われています。

他にもある!CSと略す言葉

ビジネス用語では、CSと略されることのある言葉が他にもあります。
カスタマーサクセス(Customer Success)やカスタマーサポート(Customer Support)、カスタマーサービス(Customer Service)なども「CS」と略されることの多い言葉です。どの「CS」を指しているのか混乱しないように、それぞれの言葉の意味を押さえておくと良いでしょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

使い方

CSを向上させて、継続的な顧客を作ろう。」
「あの会社はCSが高いことで有名だよ。」
「どうすればCSを売り上げに繋げられるのだろうか。」