BtoBマーケティングが浸透してきた今、BtoBマーケについて検索すればまとめ情報は無数に見つかります。でも、マーケティング担当者が切実に知りたいリアルな体験談や等身大のノウハウは、なかなか見つかりません。

そこで本コラムでは、読者に代わって、『ferret』運営会社である株式会社ベーシック 代表取締役の秋山が、活躍するマーケターや成長企業の役員に突撃インタビュー。BtoBマーケ成功の秘訣を探ります。

今回のゲストは、3年連続シェアナンバーワン※のクラウド人事管理システム『カオナビ』を提供する、株式会社カオナビの取締役副社長 COO 佐藤氏です。
※ミック経済研究所『HRTechクラウド市場の実態と展望2018年度版』「人事・配置クラウド」分野・出荷社数

プロフィール

佐藤 寛之

株式会社カオナビ 取締役副社長 COO
上智大学法学部法律学科卒業後、株式会社リンクアンドモチベーションに入社。大手企業向け組織変革コンサルティング部門にて営業を担当する。シンプレクス株式会社にて人材開発グループ責任者を務めた後、株式会社カオナビに参画。事業の立ち上げを柳橋と共に行う。
現在は取締役副社長COOとして、営業・マーケティング・サポートを統括。

秋山 勝

株式会社ベーシック 代表取締役社長
高校卒業後、商社に入社。2001年、IT系上場企業に移り、Webマーケティング分野の新規事業企画などを手がける。2004年に「世の中の問題を解決する」をミッションに、株式会社ベーシックを創業。設立以降、50を超えるサービスを生み出し、10件以上のM&Aの実績を持つ。

社員の顔と名前が一致しないと困る!成長企業の根源的なニーズから生まれた人材管理システム

kaonavi_4728.jpg
株式会社カオナビ 佐藤氏

秋山:貴社は2019年3月に東証マザーズに上場されましたが、設立の経緯からお聞きしても良いですか?

佐藤氏:『カオナビ』は、僕が前職で人材開発グループの責任者をしていたときの、切なるニーズが形になったサービスです

その頃の僕は人材開発グループとして、さまざまな人事へのオーダーに応えなければならない立場でした。でも、中には、「Javaの書けるフレッシュな人材を即10人欲しい」といった無茶ぶりもあって、相談相手の現場のパートナーから、「そんなのムリ!」と叱られることもしょっちゅうでした。

それで、「どこの部署にどんな人材がいて、このポジションには誰を抜擢すればベストなのか」、みたいなことを四六時中考えていたときに、それを可視化できるデータベースがあれば良いんだと思い至りました

秋山:そのときに、柳橋さん(株式会社カオナビ 代表取締役社長 CEO)に会ったんですか?

佐藤氏:はい。共通の知人の紹介で会いました。社長の柳橋は既にカオナビの原型となるサービスを構想中でしたが、開発費がなくて。柳橋からすれば、僕に会えば、何か仕事がもらえると思ったのかもしれません。
でも、実際に話してみたら、「こういうサービスがあったら良いのに」という話で、ふたりとも物凄く盛り上がり、即、一緒にやることになりました。

秋山:株式会社サイバーエージェントに納品したシステムが最初の製品なんですよね?

佐藤氏:そうです。元々サイバーエージェントさんでは、カオナビの原型に近い形で、Excelを使って社員の顔写真を並べて管理していたんです。

秋山:サイバーエージェントさんは人材を大切にする会社ですから、人事システムにも投資を惜しまない気がしますね。

佐藤氏:大企業なら、いち社員が社長と一対一で話をする機会はほぼありませんが、社長と社員の距離が近いベンチャー企業の場合、新卒社員が社長や役員と直接話す機会が、意外と頻繁にあります。
でも、そのときに社長や役員が、せっかく話しかけてきてくれた社員の名前が分からなかったら社員側はがっかりしますよね。特に急成長したベンチャー企業では、「顔と名前を一致させるためのデータベースが欲しい」というニーズが顕在化しやすいです。

アメリカには既に、タレントマネジメントシステムがいくつかあったのですが、そういう大がかりなものじゃなくて、「従業員の顔と名前を一致させる」ことが根源的なニーズなのではないかということを、サイバーエージェントさんが気づかせてくれました。

秋山:評価ツールではなく、経営層が社員とコミュニケーションをとるためのツールということですよね。

佐藤氏:はい。人事システムって普通は人事担当者が使いますよね。例えば、給与計算システムならそれで良いのですが、コミュニケーションを含め、人材マネジメントのためのシステムであるなら、社長やマネジメント層が使うべきだろうと。
「人事システムを『誰がどう使うか』、ということを根本から変える」が、『カオナビ』の開発時のテーマでした