ビジネスはより高度化し専門的になっています。そこで、事業者のみならず専門家を呼び、彼らからアドバイスを受けながら、日々の活動を確認したり、長期の戦略を考えたりします。その諸々のアドバイスをする行為自体をコンサルティングといい、それを行う人をコンサルタントと言います。特別な資格は必要ありませんが、実績が問われる業種です。

コンサルティングとは

専門家として企業や個人にアドバイスをすることをコンサルティングといいます。ビジネスにおいて、より効率的にビジネスを進めたり、長期的な戦略をともに考えたりなど、より高度なビジネスにおいて、そのアドバイスが重要性を増します。

実際にアドバイスをするのは個人ですが、その窓口として企業体をとっている会社もあれば、個人事業として請け負っていることもあり様々です。取引先に、定期的なレポートを提出したり、戦略などの提案書を作ったりなど、主に戦略や事業拡大におけるアドバイスや資料作成を行います。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

コンサルティングを行うのがコンサルタント

企業や個人事業主などビジネスを行う際に専門家からの意見をもらう、そのような状況を「コンサルティングしてもらう」と言います。その専門家のことをコンサルタントといい、実際に、専門的助言を行う人のことをさします。

一方でコンサルタントは特別な資格は必要なくコンサルタントと自称することは誰にでも出来ます。ゆえに、そこで信頼を得て依頼をしてもらうためには、実際のアドバイス実績など、具体的な実績が問われることが多のも事実です。

用語例

「ホームページコンサルティングをしてくれる人がほしい」
(ホームページの運営は専門知識も必要なことが多いので専門家がほしい。)

コンサルティングを頼むにしても、こちらでも無知識に臨むのは良くない」
(いくら専門家でもうまく使いこなせなければ単なる言いなりになってしまう、そうならないためにも最低限の知識はもった上で、コンサルティングとうまくコミュニケーションをして付き合う必要がある。)

コンサルティング会社」
(主にビジネスにおいて専門的なアドバイスや調査、提案をしてくれる会社。)