BERTで対策は必要なのか?

BERTの導入後の検索環境において、Webコンテンツの運営側はどのような対策が必要なのでしょうか。ユーザーの検索に対し上位を獲得するために行うべきことを説明します。

理解しやすい文章を作成する

BERTにより文脈を理解しやすくなるとはいえ、Googleが理解しやすいコンテンツを作成しなければいけません。タイトルや見出し、本文ともに、できるだけシンプルな文章を心がけ、誤字脱字がないように気をつけましょう。文章を書き終わったら、読み直すことはもちろん、ダブルチェックが可能な体制であれば、作成者以外の人が確認するようにしましょう。

また、文章の途中で区切って改行をしてしまうケースをたまに見かけます。PCで執筆する場合にありがちな書き方ですが、モバイルで見ると変なところに改行が入ってしまい可読性が低くなります。Googleとともに読み手にとっても不便ですので気をつけましょう。

ユーザーの検索意図に最適化する

ユーザーにとって必要な情報が十分に掲載されているコンテンツでなければ、Googleから高い掲載順位を得ることは不可能です。競合となるコンテンツよりも内容が充実するように気をつけましょう。

検索結果の上位にあるコンテンツは、現在、Googleから高く評価されているということを念頭においてチェックすべきです。コンテンツを作成する際は、ユーザーが何を知りたくて検索をするかという動機を具体的に考える必要があります。検索クエリとの関連性を高めるために、ユーザーがどのような情報を求めているのか背景まで理解して的確なコンテンツを用意しましょう。

音声検索も考慮したコンテンツづくりをする

BERTが導入された背景には普及し続けている音声検索の活性化もあるでしょう。BERTは会話のように問いかけるクエリに最適に対応するものです。作成するコンテンツも音声検索に対応できるように、質問に対して答えを示しているような問題解決型のコンテンツを用意することも一つの対策として考えられるのではないでしょうか。

さらに高品質なコンテンツが求められる時代が到来

BERTアルゴリズムの導入によって、ユーザーは今まで以上に最適な検索結果を得られるようになりました。音声検索への対応などを背景に、Googleのアルゴリズムは私たちの言語の理解度をさらに高めます。このような仕様の検索エンジンにおいて、ユーザーに自社のコンテンツを見つけてもらうには、コンテンツの品質を向上させることが重要です。

具体的に一言で表すなら、文章型のクエリに対応できるわかりやすい文章で、ユーザーの検索意図に最適化したコンテンツを作ることに尽きます。アルゴリズムのアップデートは、コンテンツの運営側にとっては、検索順位への影響が気になってしまうものですが、臆せずユーザーにとって必要とされるコンテンツを作りましょう。

参考:Google AI Blog: Open Sourcing BERT: State-of-the-Art Pre-training for Natural Language Processing

BERTアップデートとは?基礎知識から対策方法まで解説!|SEOラボ

Googleが導入したBERTとは?誰でもわかるBERTの特徴を解説 | PINTO!

【最新情報】GoogleがBERTを検索技術に導入し、文脈理解力を向上させる

Googleの自然言語処理モデル「BERT」はインターネット上から偏見を吸収してしまうという指摘 - GIGAZINE

【事例付き】自然言語処理とは!仕組みやライブラリを解説 | TechAcademyマガジン

最先端自然言語モデルB E R Tとは① | パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC.