Web広告を自社にて運用している企業の中には、社内のリソースを割いているにもかかわらず、期待していた効果が出ず、頭を抱えている担当者も多いのではないでしょうか。

効果が出ない理由は様々ですが、例えば、地域限定の店舗であるのに地域を絞った設定ができていなかったり、最初のターゲット設定がずれていたり、こまめなメンテナンスがされていなかったり…。共通しているのは「専門知識が不足しているため、自社に適さない運用になっている」ということ。

とはいえ限られた予算の中で、専門知識をつけて地道に成果が出るのを待つのは困難です。そこで試したいのが、プロの知見を借りて成果へのショートカットをすること

本当に自社に適したWeb広告の運用方法とは?

特に中小企業にとっては、Web広告にかけられる予算も少ないことが多いため、可能であれば無駄なコストはかけることなく、最短で効果を出したいもの。取り入れたいのは「Web広告運用のプロの視点」です。

今回は、Web広告の中でも歴史の長いリスティング広告」を中心に運用代行しているカルテットコミュニケーションズのサービスを例に、自社に適した運用方法を見つけるポイントを解説します。

まずは検討している「Web広告」の特徴を知る

1.png
リスティング広告の種類

自社にてWeb広告を検討している場合、まず最初に行いたいことが、その「Web広告の特徴を知ること」です。基本概要を把握することは当然ですが、メリット・デメリットや検討している広告と相性が良い商材、反対に相性の悪い商材までをしっかり理解しておくことで、自社の商材に本当にマッチしているWeb広告が見つけ出せるでしょう。

例えば、リスティング広告には2つの種類があるため、自社商材は「検索連動型広告」と「ディスプレイ広告」のどちらか一方を配信するのか、または両方を組み合わせて配信するのか、など最善の運用方法を検討するために、それぞれの特徴を知る必要があります。

また、リスティング広告は、その商材に本当に興味・関心を持っているユーザーに向けて配信できたり、低予算から始められるというメリットがある一方で、全く知識のない状態で運用した場合に効果が出にくく、ある程度の専門知識が必要とされる、という難しさがあるため、運用前にこれらを理解しておくことは必須です。

運用ポイントを理解する

2.png

Web広告の特徴について理解したら、次に覚えておきたいことが「広告運用のポイントを理解しておくこと」。どの企業においても広告運用を開始すると、必ず課題が出てきます。運用時に必要な指標を理解しておくことは、現状の課題の早期発見にもつながり、広告費も無駄にしません。

例えば、リスティング広告を運用する場合、配信前にキーワードや配信エリア、ユーザー属性、デバイスの設定などいくつか押さえておきたい要素があります。配信中においても、まずは初期設定を定期的に見直すことが、自社商材への関心度がより高いユーザーに届けるためには必要不可欠です。

さらに、予算投下の進捗管理やコンバージョンに貢献していない検索キーワードを除外するなどのメンテナンスも重要になってきます。

「運用代行」という選択肢も視野に入れる。適切な代理店の選び方とは?

3.png

代理店の「信頼できる」ポイントを知っておく

先述したとおり、自社でWeb広告を運用するには、専門知識が必要なため、運用できるレベルの知識をつけるには相応の時間と工数がかかることが予想されます。しかし、中にはそこまで時間とコストをかけられない企業も多いかもしれません。

そこでオススメなのが、「運用代行」という選択肢。ただし、代行してもらう広告代理店を選ぶ場合に、どの代理店に依頼するのか、そもそもの判断基準を知っておかないと広告の効果最大化は見込めません。広告代理店の目利きができることは、運用代行を検討する上で最大のポイントと言えるでしょう。

例えば、広告代理店にリスティング広告の運用代行をお願いしたい場合に、「運用結果の“明確な”報告があるか」はスピーディーに運用や改善を進める上で、意外と見落としがちなポイント。月単位での数値の報告や今後の改善策など、代理店からのレポーティングの中に必要最低限の情報が揃っていないケースもよく見受けられます。改善に必要な情報が揃っているのかどうか、レポーティング内容は必ず確認しておきましょう。

「自社の業種の実績がある」代理店を選ぶ

スクリーンショット 2020-12-04 14.35.16.png

「運用代行実績が多いか」も広告代理店を選ぶ上で必要な判断基準ではありますが、加えて「自社の業種の運用経験があるか」についても注目したいところです。運用後のイメージをより具体的に描くためにも、代理店から展開されている事例を確認してみると良いでしょう。

例えば、カルテットコミュニーケーションズでは、1,000業種以上の豊富なリスティング広告の提案実績があることが特徴的です。専門会社ならではの細やかな分析は、運用していく上で出てくる問題点に迅速に対応してくれることにも繋がります。また、広告運用に携わるスタッフすべてが有資格者という点も、安心して運用を任せられると判断できるでしょう。

少ない予算内でもどこまで柔軟に対応してくれるか

4.png

Web広告は始めたいけれど、予算がかなり限られているという問題は中小企業などに特に多いかもしれません。無駄なコストを発生させないコツは、予算に合わせて自社に一番適した形で運用代行してもらえるかどうか。

カルテットコミュニケーションズでは、初期費用無料に加えて、広告費の金額によって運用手数料の「区分制」を導入しています。Web広告予算が少ない企業も、少額から気軽に始められるので良心的です。

5.png

また、制作会社やWebコンサルを営んでいる企業の場合、カルテットコミュニケーションズから紹介報酬を支払う「紹介パートナー」や、運用に関する部分のみを請け負う「代行パートナー」など、それぞれの企業のビジネスモデルにあわせて適した協業体制を構築することが可能です。

予算内でできる「運用代行」を試そう

自社に本当に適したWeb広告の運用方法を見つけるには「プロの視点」を取り入れる必要があります。知識習得に時間とコストを割いて自社運用するよりは「運用代行」を導入し、予算内で対応してくれる広告代理店を見つけることが、Web広告初心者やすでに自社運用に行き詰まりを感じている企業にとってベストな選択と言えそうです。

Web広告の中でもリスティング広告は、低予算で早急に集客が必要な場合もすぐに配信開始できる、というメリットがあり、Web広告のお試しにピッタリ。気軽に始められるため、まずは運用手数料の最低金額が約3万円からでも始められる「カルテットコミュニケーションズ」に運用を任せてみてはいかがでしょうか。