昨今新型コロナウイルスの影響でウェビナーを始める企業が増えている中、どのように行えば成果が出るのか悩んでいるマーケティング担当者も増えているのではないでしょうか。そんな悩みを解消するべく、この連載では年間200回ものウェビナーに登壇する株式会社コクリポの上野氏がウェビナーのコツを語ります。

以下コクリポ様のブログより一部修正の上、転載しております。

皆さんこんにちは。コクリポの上野です。本記事では「ウェビナー成功の虎の巻」と題して、皆様のウェビナー開催に役立つ情報を提供していきます。今回は~ネットワーク編~です。

ウェビナーへはいろいろな人がいろいろなネットワークを使って参加します。ウェビナーを開催する方、ウェビナーに参加する方の双方にとって、ネットワークの仕組みを理解しておくことはとても重要です。

ネットワークってなんだか難しい・・・と感じている方もいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。これから挙げる3つのポイントを抑えておけば、あなたのウェビナーの安定度は格段に増すはずです。

ウェビナー成功の虎の巻 ~ネットワーク編~①.jpg

その1 推奨環境を確認しましょう

ウェビナーツールには「推奨環境」というものがあります。「推奨環境」とは、ウェビナーツールの提供会社が、「この環境で利用してくださいね」とお願いしている環境が明示されているものです。ウェビナーを開催または参加する場合には、この「推奨環境」を満たすことがとても重要です。

コクリポの推奨環境はこちらに記載しております。なんだか難しい言葉が並んでいますね。ウェビナーを実施する担当の方が、推奨環境を理解して準備をするのは骨が折れると思います。会社でウェビナーを行う場合には、システム担当の部署に設定の確認をしてもらいましょう。個人でウェビナー行う場合には、詳しい人に聞いてみましょう。

推奨環境をチェックするうえで重要なことは主に2つです。

1.セキュリティ設定により、通信が阻害されていないか

ネットワークは高速道路に例えると分かりやすいです。セキュリティ設定とは、高速道路の制限速度や交通規制みたいなものです。セキュリティ設定により、データの送受信速度をコントロールされていたり(速度制限)、ツール側のサーバーまでのデータの通り道が塞がれてしまっている、または制限されている(交通規制)場合があります。

会社のネットワークを使用する場合には、このセキュリティ設定により通信が阻害されているケースが多くあります。必ず、会社のシステム担当の部署に確認をしておくようにしましょう。

2. ネットワークの速度と安定度は十分か

ネットワークの速度と安定度は、高速道路で言うところの渋滞のしやすさみたいなものです。

渋滞のしやすいネットワークって何でしょう?
例えば、会社のネットワークのようにいろいろな人が共有するネットワークの場合、時間帯や使用状況の影響を受けやすくなっていることがあります。また、ネットワークの速度は速いのですが、速度が安定しないネットワークという場合もあります。まずはご利用のネットワークが推奨環境を満たしているのかを確認しましょう。