コンテンツマーケティングを成功させるためには、毎日コツコツと制作を積み重ねていく作業が欠かせません。しかし、まだ見ぬ見込み顧客に向けたコンテンツを制作するなかで、どのような情報を発信すれば良いか迷いが生じることも多いのではないでしょうか。

画面の向こうの見込み顧客との「絆が深まる」瞬間には、いくつかのパターンがあります。典型的なパターンを知ると、見込み顧客に喜ばれるコンテンツをイメージしやすくなり、企画や制作の精度を高めることが可能です。

今回は、コンテンツマーケティングで見込み顧客との絆が深まる瞬間について、よくあるパターンを解説します。

基礎からわかる BtoBマーケティング実践ガイド【2022年最新版】

基礎からわかる BtoBマーケティング実践ガイド【2022年最新版】

本書は、これから“BtoBマーケティング”を本格的に行いたいという方向けに、マーケティングの戦略設計や各種施策のノウハウを網羅した資料です。

オウンドメディアで絆が深まる「瞬間」

パターン①:検索で調べものをしていたら、自社の知見ではわからない具体的な情報まで盛り込まれていて問題が解決した

検索エンジンで調べものをしている時に、ユーザーの想定以上に具体的な情報が盛り込まれたページを見つけると、メディアへの信頼感が高まります。

オウンドメディアのコンバージョン率改善について解説した以下の記事は、具体性の高いコンテンツの一例です。

【担当者解説】オウンドメディアのコンバージョン率改善方法を共有します

【担当者解説】オウンドメディアのコンバージョン率改善方法を共有します

BtoBマーケティングの成功メソッドがわかるferret Oneブログ「One Tip」より

この記事では、コンバージョンが獲得できない原因やチェックポイント、改善までのプロセスなどが解説されています。コンバージョン率の目安など具体的な数値が紹介されているため、改善方法がわかるだけでなく、成果のシミュレーションも可能です。

また、以下の記事でも具体性の高い情報が盛り込まれています。

【例文あり】BtoBメルマガ担当者に聞く!おすすめ配信コンテンツ6選

【例文あり】BtoBメルマガ担当者に聞く!おすすめ配信コンテンツ6選

BtoBマーケティングの成功メソッドがわかるferret Oneブログ「One Tip」より

この記事では、BtoB向けのメルマガで有効なコンテンツについて、具体的な文面例を交えながら解説されています。配信回数の目安なども記載されているため、記事内容を参考にしながらすぐに自社の施策に取り組むことが可能です。

これらの記事のように、検索時に抱えている疑問に応えるだけでなく、さらに具体的な情報まで盛り込むと見込み顧客との絆が深まります。

パターン②:たまたま検索流入したら、他のコンテンツも気になって常連化

検索エンジンからアクセスしたページで、気になる関連コンテンツが複数見つかるというパターンも、メディアに対する興味度が高まりやすい典型例です。ブラウザに常駐させてもらえたり、ブックマークしてもらえたりすると、メディアのアクセス数向上につながります。

さきほどご紹介したferret Oneの記事では、コンバージョン率の改善方法を解説した本文中に「カスタマージャーニーマップの作り方」や「BtoBメルマガ担当者に聞く!おすすめ配信コンテンツ6選」など参考になる関連ページリンクが含まれます。また、サイドメニューページ下部リンクからも、関連ページへのアクセスが可能です。

このように、検索流入したユーザーに役立つ関連ページを散りばめておくと、常連化してもらいやすくなります。

ホワイトペーパーとは?顧客が欲しくなる資料の書き方

ホワイトペーパーとは?顧客が欲しくなる資料の書き方

BtoBマーケティングの成功メソッドがわかるferret Oneブログ「One Tip」より

こちらの記事では、合わせて読みたい関連ページとして「成果の出ないホワイトペーパーを作り直す!CVを2.5倍にしたferret Oneの改善事例」を紹介しています。

自社のオウンドメディアで検索流入を獲得しているページから関連コンテンツへの導線を用意し、絆を深めるきっかけを作りましょう。

Twitterで絆が深まる「瞬間」

パターン③:Twitterで何気なくいいねを押している投稿が、同じアカウントからのものだった

Twitterによる情報発信も、見込み顧客との絆が深まるきっかけになります。特に、自分や自分がフォローしているユーザーがいいねを押している投稿が、同じアカウントからのツイートだと気づいた時は絆が深まりやすい瞬間です。

ferret OneではTwitterの公式アカウント上で、最新の記事やコンテンツを紹介しています。

unnamed (3).png

また、公式アカウントだけでなく、ferret Oneや株式会社ベーシックの社員もTwitter上で情報発信しています。

unnamed (4).png

「何気なくいいねを押している投稿が、同じ企業に所属している人達のものだった」というパターンも、見込み顧客の興味を引くきっかけの一つです。

見込み顧客に役立つ情報をTwitterで継続的に発信し、見込み顧客との絆を深めましょう。

ferret OneにおけるTwitterの取り組みや、Twitter運用の基本については下記の記事でご覧いただけます。

「個」の時代への適応はTwitterから。まずは「マーケ・広報」チームからのスモールローンチ方法

「個」の時代への適応はTwitterから。まずは「マーケ・広報」チームからのスモールローンチ方法

BtoBのSNSマーケで積極的に「個」を打ち出し、認知度や信頼感を高めるにはTwitter運用が効果的です。まずはマーケ・広報チームからTwitter運用をスモールローンチする方法について、ベーシックの取り組み事例を交えながら解説します。

DMで絆が深まる「瞬間」

パターン④:普段はDMは開かないが、自分の最近の問題をズバリ言い当てたタイトルで興味を持った

普段はDMをあまり開封しない人であっても、自分が最近抱えている問題をズバリ言い当てられると、興味を持つ可能性があります。

また、DMで紹介されているコンテンツが問題解決に役立つものだった場合、「このメディアは自分の問題についてわかってくれている」と感じてもらえて好印象です。

例えば、ferret Oneでは次のようなDMで見込み顧客にアプローチしています。

unnamed (5).png

このDMのターゲットは、ウェビナー施策から商談や受注を増やしたい人です。「すでにウェビナーをやっているが、思うように成果を伸ばせていない」、「ウェビナーをやったことがないが、案件創出の新しい手段として検討したい」など、具体的な課題意識をハイライトすることで、見込み顧客の興味を引いています。

また、コロナの影響を受けて多くの企業でウェビナーへの関心が高まっているなど、時流に合わせた話題を含めていることもポイントです。

見込み顧客の課題置かれている状況をイメージしてDMを作成すると、見込み顧客との絆を深めるきっかけが得られます。

ホワイトペーパーで絆が深まる「瞬間」

パターン⑤:資料ひとつに知りたい情報が過不足なく入っていて、抱えている問題の解決イメージが持てた

ホワイトペーパーをダウンロードした見込み顧客から信頼を得るためには、知りたい情報過不足なく含めておくことが重要です。

例えば、ferret OneではBtoBマーケティングをこれから始めたい人向けに、次のようなホワイトペーパーを用意しています。

unnamed (6).png

このホワイトペーパーでは、BtoBマーケティングで優先的に取り組みたい4大施策について具体的に学ぶことが可能です。

BtoBマーケティング全体のKPI設計をした上で、運用型広告、メールマーケティングホワイトペーパー作成、セミナー(ウェビナー)の各施策に取り組む際のポイントが分かる内容となっています。

また、次のホワイトペーパーも人気の高い資料の一つです。

unnamed (7).png

このホワイトペーパーでは、BtoBのWebマーケティングの立ち上げ段階で押さえておきたい内容が紹介されています。戦略や目標の立て方、やるべき施策と予算の決め方、体制の作り方やツールなど網羅的に学ぶことが可能です。

これらの例のように、見込み顧客が抱えている問題に対して、解決イメージが持てるようなホワイトペーパーを制作しましょう。

未来の顧客の問題を、「今」解決する

広告コピーがラブレターに喩えられることがあるように、コンテンツマーケティングの制作も「まだ見ぬ恋人へのラブレター」を書くようなこととして捉えられるかもしれません。

大切な未来の顧客の悩みや問題に思いをはせ、今先回りして解決しておくことが、コンテンツマーケティングの本質であり、同時にやり甲斐でもあります。結果が出るまでに時間はかかりますが、見込み顧客との絆を深めるため、一つひとつコンテンツを制作していきましょう。