マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、NTTテクノクロス株式会社がコンサルティングを行っている、データの分析から管理、活用までをサポートしてくれるBIツール「Yellowfin(イエローフィン)」です。

【ここがポイント】
ポイント1:気づき→分析→伝達までをひとつのツールでスムーズに
ポイント2:問いかけるだけで関連性のあるデータを抽出可能
ポイント3:事業レベルで実現するセキュリティと権限設定

Yellowfin(イエローフィン)とは?

作業はツールに。本来すべき仕事に専念

Yellowfin(イエローフィン)とは?_作業はツールに。本来すべき仕事に専念

企業内のIT化に伴い、管理するデータが膨大になったいま。必要なときにデータを確認したくても、だれがどこで管理しているのか、データの所在がわからないことは、企業でよくあることです。

そんな問題を解決するために、日々蓄積されていくデータを分析し、その結果をもとに意思決定を促すツールのことを、「BIツール」と呼びます。

しかし、分析するツールがあるからといって、その活かし方がわからなければ本末転倒。データ分析を必要とする方には、こんな問題を抱えている方も多いのではないでしょうか。

・データの比較や深掘りなど、見たいと思った形式ですぐにデータが見られない
・レポート作成などの作業に時間をとられ、本来すべきことに時間が割けない
・膨大なデータをどのように分析し、改善策を出せばいいかわからない

分析データやレポートの作成など、"作業"だけに時間をとられると、本来すべき「データから課題を発見し、解決策を実行すること」ができません。私たちが本来の仕事をするために必要なのは、担当者に寄り添い、的確に素早くデータを導き出せるパートナーのようなBIツール。

それが「Yellowfin(イエローフィン)」です。

データを管理するだけでなく、データを活かし、次のステップを導く手助けをしてくれる、自動分析を軸とした画期的なBIツールです。

面倒な作業はBIツールにおまかせ。「気づき→分析→伝達」まで、簡単かつスムーズに行う「Yellowfin」

Yellowfin(イエローフィン)とは?_面倒な作業はBIツールにおまかせ。
BIツールは年々増えていますが、このページをご覧の方は、BIツールの中からどれを選べばいいのか、迷われている方も多いと思います。実際見てみても、費用面はどこも似たり寄ったり。大抵のBIツールはできることもほぼ同じ。それでは何に着目して、選べばいいのでしょう?

Yellowfinが特化しているのは、ひとつの管理画面で「気づき→分析→伝達」までを行えるようにし、担当者の作業時間を削減、本来使うべきクリエイティブな仕事に注力してもらうことです。

膨大なデータをただ管理するのではなく、なぜそれが起きたのかを迅速かつ的確に提示し、伝える手助けをしてくれる、パートナーのようなBIツールなのです。例えば、こんなことが簡単に行えます。

・人だけでは見逃しそうなデータの変化を見つけ提示してくれる
・簡単な入力のみで見たいデータを瞬時に出せる
・分析結果をもとにした報告レポートが簡単に作成できる

人がやるとかなり時間を取られてしまう作業を、Yellowfinでは簡単にできてしまいます。

ではなぜこんなことができるのか。

それはYellowfinが、機械学習エンジンを用いた独自のデータ分析機能を採用しているからなのです。特筆すべき3つの機能の詳細を、見ていきましょう。

作業に時間をかけず、より早く確実にデータを導き出す3つの機能

①「なぜそれが起きたのか」を、自動的に分析してくれる「自動インサイト」

Yellowfin(イエローフィン)3つの機能_自動インサイト

ダッシュボードによりデータを可視化するBIツールは数多くありますが、その結果がなぜ起こったのか、原因を探るためにはデータを細かく分析する必要があります。

Yellowfinの「自動インサイト」機能は、ユーザー自身がデータを細かく分析するのではなく、直面する課題を問いかけるだけで自動的に結果を提示してくれます。

ユーザーは、データを分析する業務から解放され、いち早く次のアクションに取り掛かることで、ビジネス全体のスピードアップを図ることができます。

残りのYellowfin(イエローフィン)の機能や導入事例は、