近年、クラフト感のある商品が話題を呼んでいます。食料品店にはクラフト紙を思わせるベージュ色のパッケージの商品や、長い工程をかけて作られた商品が並ぶようになりました。

ですが、なぜここまでクラフトブームが広がったのでしょうか? 本記事ではクラフトブームが沸き起こった背景を深掘りしていきます。

「クラフト」の意味は幅広い

従来「クラフト」とは、手作りの工芸品のことを意味していましたが、現代ではその定義が広くなっています。

shutterstock_667903357.jpg

クラフト系商品の代表格であるクラフトビールは、小規模だけど伝統的な醸造所で職人が手間暇かけて作った商品であることが定義されていました。

そこからチョコレートやコーヒーなどの大手メーカーでも「クラフト」という名前が付けられ、今ではもはや「小規模」の定義がなくなっています。

現代の「クラフト」とは、手作り感あふれる商品全般のことを指すようになったのです。

大手メーカーが引き起こすクラフトブーム

小規模企業では以前よりクラフト系の商品を販売していましたが、消費者の間でクラフトブームを引き起こしたのは大手メーカーです。

明治の「ザ・チョコレート」やサントリーの「クラフトボス」など、誰でも一度はCMや店舗で見かけたことがあるのではないでしょうか?こうした大手メーカーがクラフト系商品を販売したことにより、消費者が「クラフト感」に注目し始めたのです。

meiji THE Chocolate

CRAFT BOSS(クラフトボス)

なぜ「クラフト感」がヒットしたのか?

今の時代はわざわざ自分で手作りしなくても、欲しいものは簡単に買えます。
そんな時代に消費者の間で「クラフト感」がなぜヒットしたのでしょうか?

こだわりを持つ若者が増えた

日本の消費傾向として、こだわり消費のニーズが高まりつつあります。安いものは探せばかなり安価で手に入りますが、「価格だけを見ず質や伝統にもこだわりたい」という若者が増えたのです。

こだわり消費とは、例えば「洋服はファストファッションで良いけど、食べ物にはこだわりたい」というメリハリを持つこと。

そのニーズに答えたのがクラフト系商品。明治のミルクチョコレートはスーパーで100円前後で手に入るにもかかわらず、こだわりを持つ人は倍以上の価格がする定価238円のザ・チョコレートを購入するのです。

参考:
「高くても買う」消費者心理をつかめ!

若者の仕事スタイルに寄り添っている

クラフトには「古さ」「伝統」などのイメージがありますが、多くのクラフト系商品がターゲットにしているのは意外にも若者です。

現代の若者はIT関連の企業に就職している人が多く、外に出て働くのではなくひたすらパソコンに向かって黙々と働くという仕事スタイル。

shutterstock_450980272.jpg

例えば、サントリーのクラフトボスは、従来の缶コーヒーから脱却して500mlのペットボトルコーヒーを売り出し、長時間かけて少しずつ飲めるようにしました。容量が多いので味が濃いと飽きやすいため、他のコーヒー飲料よりも薄味で飲みやすくしています。

こうして若者の仕事スタイルに寄り添った商品にすることで、うまく若者のハートを掴んでいるのです。

「手作り感」が逆に新鮮

クラフト系商品はそのユニークなパッケージにも注目です。
何事もデジタル化が進み、私たちの目には毎日カラフルな広告が飛び込んできます。そんな中でクラフト紙を使ったパッケージや手作り感あふれる包装を見ると、逆に新鮮に感じるのではないでしょうか?

クラフトブームが沸き起こった原因として、消費者は無意識にデジタルとは真逆の「手作り感」を求めるようになったと考えられます。

実際にIT関連の企業で働く人々の中には、仕事ではデジタルに向き合いますが、一度仕事から離れたら電子機器を断ちたいと考えている人も多いです。そうした消費者は革製品などの温もりを感じるアイテムを選びやすい傾向にあります。