「働き方改革」というワードを目にしない日はないといっても過言ではないほど、仕事に対する捉え方・考え方に根本的な地殻変動が起きている昨今。少し前まで主流であった「ワークライフバランス」という仕事と生活を分けて捉える考え方は既に時代の気分にフィットしなくなってきており、最近はよりシームレスな捉え方である「ワークアズライフ」へと展開しています。

ワークアズライフという言葉自体は最近生まれたものですが、そのような働き方をする人々はこれまでも存在しました。例えば「広告代理店」の社員はその代表例。クライアントの期待や競合代理店の提案に対して常に先手先手を仕掛けていかなければ淘汰されてしまうという厳しい仕事でありながら、仕事の中に「クライアントと分かち合う感動」や「創造性の喜び」を見い出してアグレッシブに働く。その意味では何十年も前から「ワークアズライフ」を実践していたともいえます。

クライアントファーストがいつしか「作業ファースト」に。

しかし、急速なデジタルシフトによって広告ビジネスも変容し、膨大なデータをもとに終わらない「最適化」を繰り返すという仕事が増えています。「クライアントファースト」と言いながら、気づけば「作業ファースト」になってしまっている。それでは本来の仕事の醍醐味は味わえません。

また、「働き方改革」の流れの中で業務時間も削減されていますが、削減されるのは作業ではなくクリエイティブな思考に充てられる時間のほう。そんな状態から脱却し、本来の「クライアントファースト」に立ち返るためには、時間面以外での「働き方改革」が必要です。

そこで必要になるのは「作業」そのものを無くすための仕組みを導入するという発想。AIにコピーライティングさせるのも悪くはありませんが、その前に自動化させるべきは日々のレポーティングなどの作業のほうです。Webマーケティング業務の作業を巻き取ってくれるRPAツールである「BizteX cobit」を使うことで実現する、代理店冥利溢れる先手先手を打つワークスタイルをご紹介します。

※RPA=Robotic Process Automation(ロボットによる作業の自動化)

"毎朝"競合動向で気になる点を報告

analysis-businesswoman-chart-955447.jpg
クライアントが代理店に期待することとして、自分たちでは拾いきれない情報や知見を踏まえた施策提案があります。複数の案件を同時に担当していることである程度の知見を担保することは可能ですが、担当している案件の競合の打ち手などの情報はリアルタイムに拾い切れていないのが実状ではないでしょうか。

BizteX cobitは競合のバナークリエイティブやLPの差し替えなどをウォッチさせられるので、毎朝出社したタイミングで前日の競合ブランドの新クリエイティブ情報を得ることが可能です。それを朝イチで都度報告するだけでも、クライアントへの「目くばせ」としては充分。

"毎朝"ソリューションを考えることから始めることで、タイムリーな提案ができる

charts-data-desk-669621.jpg
提案アイデアを練る前には、必ず情報整理などの作業が必要です。しかし、散在するシステムから必要なデータをとってきて、一つの情報としてまとめあげる作業は想定以上に時間がかかり、また一定の疲れをもたらすためクリエイティブな思考を阻害してしまいます。

これもBizteX cobitにレポーティングの作業を任せることで、朝イチに最新のデータが一覧できる状態に持っていくことができます。出社したらまずそのデータを見ながら、「打ち手」の検討に速やかに入ることで、競合代理店より常に半日先にソリューションを提案することが可能になります。

"毎朝"担当案件が順調に進捗しているかを確認

accounting-black-budget-53621.jpg
業務が高度化・複雑化してくるに比例して増えるのが「事故」。運用していたCPAが過剰にあがってしまったり、予算を超過した運用をしてしまったり。常に何件か事故を抱えながら業務を回しているとすれば、それは非常に危険な状態です。利益率が下がるのはもちろん、信頼を失うことで大切なクライアントとの関係自体が消滅しかねません。

BizteX cobitは進行管理も任せられるので、想定外の予算変動やパフォーマンスの急な降下などをスピーディに発見し、大きな事故を未然に防ぐことができます。リスクを減らすことはもちろん、常に事故が発生しないか気にしながら毎日の仕事をこなす「隠れストレス」も減らすことが可能です。

RPAの力で"毎日"一歩先まわりした提案を

ads-beverage-black-coffee-33972.jpg

「BizteX cobit」は、作業時間を大切なクライアントのための時間に変えてくれるツール。国内初のクラウド型RPAツールなのでシステム構築の時間も省略でき、操作も簡単。月額10万円(別途初期費用が30万円)から導入可能で、アカウント数に制限はないので全社員が活用できます。

モチベーションや情熱すら「忙殺」する大量の作業を無くし、本来の広告代理店の仕事の醍醐味であるクリエイティブな思考に時間を注ぐ。それこそが、いたずらに業務時間だけを削るのではない、今やるべき本当の「働き方改革」ではないでしょうか。

BixteX cobit

BizteX cobitで本当の働き方改革を始めよう

作業時間を大切なクライアントのための時間に変えてくれるRPAツール「BizteX cobit」で、一歩先ゆく広告人に。