「ライブ配信」というと「17 LIVE」や「ツイキャス」など、個人向けのライブ配信をイメージしがちでしょう。しかし新型コロナウイルスの影響か、企業が消費者に向けてライブ配信をするようになりました。

その要因として、新型コロナウイルスの影響でリアルな場での集会や対面での営業が限られていること、そして消費者のStay Home期間が長くなっていることが挙げられます。

参考:新型コロナでライブ配信がプロモーションの主戦場に 対応次第で今後の明暗分ける|WWDニュース

今回は企業向けのライブ配信ツールを紹介します。

ライブ配信ツールの選び方

ライブ配信ツールを選ぶときには、必要に応じて次のポイントに注目してみましょう。

  • 無料か、有料か
  • 拡散性が高いか、クローズドに利用できるか
  • 他システムとの連携(スケジュール登録できる、SNSでシェアできるなど)
  • 配信後の動画をコンテンツとして残せるか
  • サポートの充実度
    など

例えばなるべく多くの消費者にライブ配信を視聴してほしい場合、拡散性が高くSNSでシェアできるツールを選びます。

逆に、一部の会員だけ、参加申し込みした人にだけ配信する場合は、URLを知っている人だけが参加できるクローズドなツールを選びます。

誰に向けてどのようなライブ配信をしたいのかを明確にし、「これは外せない」という基準を決めて選びましょう。

無料のライブ配信ツール

Instagram Live

image1.png

参考:Instagram
通称「インスタライブ」の名称で知られているライブ配信ツールです。Instagramの機能のひとつなので、ストーリーを投稿する感覚で利用でき、狙ったユーザー層に届けやすいという特徴があります。

ライブ配信を始めるとフォロワーに通知が届きます。ライブ配信を始める前にストーリーズや投稿等で事前告知をしておき、より多くの視聴者を集めることも可能です。

さらにコラボ機能では最大2アカウントまで一緒にライブ配信ができるため、遠方でも対談形式でのライブが可能。

配信後はアーカイブが残るため、IGTVに投稿したり、コンテンツとしてフィードに残したりもできます。Instagramの運用に力を入れている企業にオススメです。

YouTube Live

image2.png

参考:YouTube
動画ブームを受け、YouTubeのユーザー数は年々右肩上がり。そんなYouTubeの中にあるライブ配信機能が「YouTube Live」です。

事前に動画を用意して編集やアップロードするといった手間が不要で、YouTube上でライブ配信ができます。視聴者はリアルタイムでコメントができ、通常の動画コンテンツとは違ったライブ配信の臨場感を味わえます。

さらにライブ動画は、動画コンテンツとして自分のチャンネルにそのままアップロードが可能。そのときはサムネイル画像を設定できたり、リアルタイムの視聴者のコメントは非表示にできたりするため、通常の動画コンテンツとの違和感がありません。

Facebook Live

image7.png

参考:Facebook

Facebookでは企業でも個人でもライブ配信ができる機能「Facebook Live」が備わっています。企業としてライブ配信をする場合、Facebookページから配信するか、個人アカウントで配信をしてFacebookページに共有するという方法があります。

さらにFacebook Liveの特徴は、公開範囲を設定できること。

  • 全員に公開(Facebook利用者以外も含む)
  • 友達のみに公開
  • 一部を除く友達に公開
  • 参加しているグループメンバーに公開

など、公開範囲を細かく設定できるため、オープンな配信・クローズドな配信の両方が開催できます。

Facebookのユーザー層を集客している、Facebookグループなどでコミュニティを運営している場合などにおすすめのツールです。