BtoB

  動画を読み込んでいます。

BtoB とは、Business to Businessの略で企業間の取引のことを表します。B2Bと記載される場合もあります。

メーカーと卸売り業者や卸売り業者と小売店の取引、またメーカーの部品調達や企業が行う備品の発注などが BtoB の例です。 BtoB に対するものとして、企業と消費者の取引である BtoC (Business to Consumer)があります。

BtoB では、購入の際の意思決定者が複数存在するのが特徴です。購入金額が高額になればなるほど、部門長の決裁や購買部の承認、場合によっては稟議申請なども必要になってきます。

また、購入の意向が決まってから、実際の意思決定までの時間が長いことも BtoB の特徴です。事前に決められた予算内でできるだけ費用対効果の高いものを比較検討したり、上司の決裁を仰ぐ必要があるために、通常の消費者との取引に比べて最終決定までには、非常に長い期間を要する場合もあります。

さらに、購入者と利用者が違うことも BtoB の特徴です。購買部門が備品調達を行う場合や、システム部門が経理システムの調達を行う場合がその例です。

使いかた

  • BtoB での取引の特徴を良く理解しておかないと、BotBの マーケティング は成功しないよ」
  • BtoB BtoC では、正反対のようで似てるところもあるんだよね」
  • BtoB でも最近まますますWEB上での マーケティング や取引が盛んになってきてるね」