Microsoftが提供しているデジタルノート「OneNote(ワンノート)」。図形や表なども自由に保存できるだけでなく描画ツールも搭載されているため、ノートアプリとしてはもちろん、アイデアや企画などをまとめるためのフリーノートとしても使用できる便利なツールです。

今回は、共有したりPDF化したりする方法など、知っておくと役立つ便利なOneNote活用術10選を紹介します。

本記事内でご紹介しているのは「OneNote 2016(以下、OneNoteと表記)」、スクリーンショットで使用しているデバイスはWindows10です。

OneNote(ワンノート)とは

gazou.png
OneNote

OneNoteとは、Microsoftの提供しているデジタルノートブックです。情報を整理したり、アイデアをメモしておいたり、音声やビデオを挿入しいつでも確認できるようにしたりと、様々な情報を保存しておける便利なツールになっています。

OneNoteには共有機能もあり、保存したデータを周囲の人と共有して確認したり、アイデアをみんなで出し合って書き込んだりすることも可能です。スマートフォンやタブレットでも利用でき、手書き入力にも対応しているため、紙にノートをとるような感覚でも使えます。

無料で使えるMicrosoft(マイクロソフト)の「OneNote(ワンノート)」とは?基本の使い方と3つの特徴を解説

無料で使えるMicrosoft(マイクロソフト)の「OneNote(ワンノート)」とは?基本の使い方と3つの特徴を解説

OneNote(ワンノート)とはExcelやWordと同じくOfficeシリーズのソフトで、いわば「デジタルなノート」。キーボード入力はもちろん、ペンツールで書き込むことも可能なように、自由度の高いツールです。今回はOneNote(ワンノート)の基本情報と3つの特徴について解説します。

OneNoteには多くの機能が備わっているため、何をどう使って良いかわからなくなってしまうかもしれません。それぞれの機能の使い方をひとつひとつ解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

1. OneNote(ワンノート)でファイルを共有する

OneNoteでは、相手にメールを送信してサインインしてもらい、ファイルの閲覧はもちろん編集権限を与えることなども可能です。しかし、メールアドレスを知らない場合やチームメンバー全員に共有したい場合、メールアドレスを使用した共有が難しい場合もあります。そこで共有リンクを作成することで、簡単にファイルを共有することができるようになります。 

16.png
共有したいファイルを開いた状態で、画面上部のメニューから「ファイル」をクリックします。 

17.png
すると画面左側にメニューが表示されますので「共有」をクリックしてください。

18.png
共有メニューが表示されますので「共有リンクの設定」をクリックします。さらに表示されるメニューで権限の設定も可能ですので、閲覧のみの場合は「表示リンクの作成」を、編集権限を付与する場合は「編集リンクの作成」をクリックしてください。

19.png
リンクが作成されますので、コピー&ペーストしてチャットツールなどを使用して共有してください。