イノベーター理論

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

イノベーター理論 とは、新しい発想や技術を元に登場した商品やサービスなどの市場普及に関する理論のことです。1962年、米スタンフォード大学のエベレット・M・ロジャーズ教授が『イノベーション普及学』という著書の中で提唱しました。

イノベーター理論 では、革新的な新商品を受容する消費者層をその受け入れる順番の早いものから「イノベーター(革新者)」、「アーリーアダプター(初期採用者)」、「アーリーマジョリティ(前期追随者)」、「レイトマジョリティ(後期追随者)」、「ラガート(遅滞者)」の5つに分類します。

イノベーターは新しいものを自ら進んで採用する層、アーリーアダプターは流行に敏感で自ら情報収集を行い判断する層で、他の消費者の影響力が大きく「 オピニオンリーダー 」とも呼ばれます。アーリーマジョリティ以下は順次先の層が受け入れた後に徐々に追随していくことになります。

イノベーターとアーリーアダプターと合わせた構成比は全体の16%に過ぎませんが、画期的な製品を市場に浸透させていくためにはこの2つの層が重要であると提唱しており、「普及率16%の論理」と呼ばれています。

In content banner default

使いかた

イノベーター理論 によると、新商品投入の際に一番重要な マーケティング のターゲットはアーリーアダプターということになるね」
イノベーター理論 は、イノベーションの浸透だけではなく、さまざまな市場戦略に役立つ基本的な理論だと思うよ」