今回ご紹介するのは、LP(ランディングページ)運用・改善のプロフェッショナルチーム「フリーウェブホープ」です。

【ここがポイント】
ポイント1:年間100以上、LPをひたすら運用改善してきたノウハウと実績
ポイント2:LPOだけじゃない、WEB集客全体をプロデュース
ポイント3:LP専任ディレクター・LP専門デザイナー・運用担当がしっかりサポート

フリーウェブホープとは?

LP制作・運用・改善のプロフェッショナル集団

1.png

年間100本以上、フリーウェブホープはLPの制作〜運用・改善を実施しています。いわゆるWEB制作会社とは異なり、作ることではなく「売れる」ことに重きを置いており、とにかくLPに特化してきたというのが大きな特長です。

プロジェクトがスタートすればディレクター、デザイナー、その後の運用担当まで「分断されること無く」情報共有されるのも強みの一つです。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

FREE WEB HOPE 代表からのメッセージ

代表取締役 相原 祐樹氏

株式会社FREE WEB HOPE 代表取締役 相原 祐樹氏

いくらWEBサイトのアクセスを増やしても、クロージング担当が新人営業マンでは心もとないでしょう。ユーザーの理解、商品理解、市場理解の深いベテラン営業マンの方が、クロージング率は高まりますよね。

ランディングページも同じです。制作物ではなく、ランディングページは運用してはじめて効果がでます。
売り込みばかりのコピーライティングや派手なだけのビジュアルで、なんとなくランディングページっぽいものをリリースしている企業はまだまだ多く存在します。

そんな中、ユーザー心理にドンと刺さるランディングページを制作することで、他社のページと圧倒的な差別化を図り、貴社のサービスや商品を選んで貰えるような設計とクリエイティブを創り上げましょう。

編集部より一言コメント

取材を通して感じたのは、LP制作及びLPOに対する同社の大きな熱意と専門性です。それはマーケティングへの想いの他、顧客とともに成長しようとする姿勢から感じたことかもしれません。

専業で年間100本以上LPを制作・運用し、全行程を一つのチームで実施する企業はなかなかいません。必要とあらば、集客の経路にもこだわることなくプロデュースしてくれるのも頼もしい点です。