ランディングページ(landing page)とは、ユーザー検索エンジンあるいは広告などから最初にアクセスしたページのことです。「LP」とも呼ばれています。
ただしWebマーケティングにおいては、商品を売るために作られた1枚で完結するWebページランディングページと呼びます。

同じ言葉でも違った意味で使うことがあるため、注意が必要です。

広義のランディングページ

広義には、あるWebサイトのなかでユーザーが一番始めに開いたページを「ランディングページ」と呼びます。
ランディングは日本語で着地という意味であり、その名の通り、ユーザーが着地したページを示します。

検索エンジンで表示された検索結果から特定のページを開いた場合、そのページランディングページです。
また、URLから特定のページを直接開いた場合もランディングページです。
そして一度開いたページから、同じサイトの別ページに遷移した場合、その先のページランディングページとは呼ばれません。

Googleが提供するアクセスツール「Google Analytics」では、ランディングページにかんする項目があります。
ここでのランディングページは、広義のランディングページを指します。

Webマーケティングにおけるランディングページ

Webマーケティングにおいては、サイトに訪問したユーザーを商品の購入や問い合わせに繋げること特化している1ページ完結のWebサイトを、ランディングページと呼びます。
1ページ内において、ユーザーの興味を引き、購買意欲を高め、申込フォームから成約するという構成をしており、高いコンバージョンを獲得するために制作します。

ランディングページは、ユーザーがWEBページから離脱するのを防ぎつつ、スクロールをしながら意欲的に読み進めてもらう必要があるため、デザインにメリハリがあり、インパンクトのあるイメージやグラフや表などの説得要素の強い具体的なデータを掲載するケースが多くあります。ランディングページは様々な業界で利用されていますが、通販業界では特に多用されています。

会話例

ランディングページファーストビューが見づらい」
リスティング広告の効果を最大限引き出すためにランディングページを改善しよう」
リスティング広告の準備と同時にランディングページの制作も進めないと間に合わないよ」
「今まで制作したランディングページのコンバージョンを比較してみよう」
ランディングページ制作の上手な会社を選ばないとせっかくの広告費がもったいないよ」