営業担当やマーケティング担当は、自社サービスの売上を伸ばすため、日々頭を悩ませているのではないでしょうか。売上の元になる見込み顧客を増やすマーケティング施策のひとつに、セミナーの開催があります。

セミナーを開催することで、見込み顧客だけでなく、将来顧客になり得る潜在的な顧客も参加者として集めることができます。また、参加者の課題やニーズを直接知ることができ、その解決方法をその場で提案することで、エンゲージメントを生み出すことも可能です。

しかし、しっかり準備しておかないと、せっかくの時間や費用が無駄になってしまうことも少なくありません。

今回は、セミナーを設計する上で考えたいポイントを解説します。

セミナーに取り組んでいる企業は約50%以上

Seminar_-_1.jpg
引用:
シャノン BtoBマーケティングに関するアンケート調査結果を発表 進むマーケティングオートメーション格差|株式会社シャノン

上図は、MAを導入している企業と導入していない企業の、マーケティング施策への取り組み率を示しています。MAとは「Marketing Automation(マーケティングオートメーション)」の略で、今まで人が行っていたマーケティングに関わる作業を自動化する仕組みを指します。

MAを導入している企業ほどマーケティング施策に積極的であるというデータですが、MA導入の有無に関わらず、「自社セミナー」を実施している企業は多いことが分かります。平均しても半数以上の企業が、自社セミナーを開催しています。

セミナー設計の流れ

セミナーを開催するにあたって最も重要なのが「セミナー設計」です。事前に準備をしておかないと、「何となく盛り上がったから良かったけれど、成果が見えなかった」という事態になりかねません。

以下の流れで、しっかりと設計していきましょう。

【1】開催目的の明確化
【2】ターゲットの確定
【3】ターゲットに訴求するポイントを絞る
【4】セミナー参加による価値を付加する
【5】実施までの計画を立てる

【1】開催目的の明確化

まず、セミナーを開催する目的を明確にします。「自社サービスを紹介したい」「顧客と交流したい」などの曖昧なものでは、セミナーの軸が定まらず、定量的な効果検証もできなくなってしまいます。

セミナーの開催目的としては、次のようなものが考えられます。

・新規顧客の獲得
・既存顧客のフォロー
・商品の予約・購入
・自社やサービスの認知度の向上

「新規顧客の獲得」が目的の場合、例えば「個別商談の機会をつくる」「その場で無料プランに申し込んでもらう」など、より定量的に設定すると自社内での意思疎通も図りやすくなるでしょう。

【2】ターゲットの確定

次に、セミナーに参加してほしいターゲットを設定します。セミナーの設計は商品開発と同じです。誰に何をどのように伝えたいのか、詳細に設定することが大切です。

サービスや商品のユーザーがどのような人か、年齢や性格、趣味趣向まで深掘りして詳しく想定したユーザー像を、「ペルソナ」といいます。セミナーに参加してもらいたいペルソナを設定しましょう。