インフォグラフィック(Infographic)とは、データや情報を視覚的に整理し、誰もが素早く情報を理解できるようにまとめたクリエイティブのことです。

文字で情報を伝えようとしても、情報量が多過ぎて冗長的になってしまいがちです。しかし、インフォグラフィックを使えば、直感的に要点を整理することができます

今回は、高品質なインフォグラフィックを作成するのに役立つ便利ツール7選をご紹介します。

シンプルなのに説得力のあるグラフィックを作成するのに、労力もコストも必要ありません。ぜひ、これらのツールを使いこなしてみてください。
  

高品質なインフォグラフィック作成で役立つツール7選

1. Visme

1.png

Vismeは、シンプルで直感的なインフォグラフィックを作成するのに役立つオンラインサービスです。

作成する手順は非常にシンプルです。まず、数百種類のテンプレートの中から、自分の気に入ったものを1つ選びます。次に、すでに作られたレイアウトブロックの中に、事前に用意したデータを差し込みます。たったこれだけです。

グラフやチャートは20種類以上用意されており、ライブデータと接続することで、リアルタイムに変動するインフォグラフィックを作成することもできます。ビデオや音など、インタラクティブなクリエイティブを作成することも可能です。


  

2. Canva

2.png

Canvaは、ノンデザイナーでなくとも簡単にインフォグラフィックを作成することができるオンラインツールです。

操作はドラッグ&ドロップが基本で、初心者でも非常に使いやすいと好評です。Canvaはもともとインフォグラフィック作成に特化しているわけではありませんが、インフォグラフィック用の素材も多く用意されています

用意されているテンプレートの質も非常に高く、センスのいい、カッコいいクリエイティブを作成することができますGoogleアカウントがあれば、すぐに使うことができるのも人気の理由の1つです。


  

3. Piktochart

3.png

Piktochartは、直感的にクールなインフォグラフィックを作成することができるオンラインサービスです。インフォグラフィック以外にも、プレゼンテーション資料や印刷資料を作成することもできます。

作成ステップは簡単で、600以上のプロが作成したテンプレートの中から使いたいものを1つ選んで、Power Point感覚で編集するだけです。様々な種類のチャートのほか、地域の差を示したい時に便利な地図も使うことができます。

作成したクリエイティブは、JPG・PNG・PDF形式にエクスポートすることができます。解像度の指定もできるので、ブログ記事などに使ってみるのもよさそうです。


  

4. Infogram

4.png

Infogramは、必要最小限の機能に限定したインフォグラフィック作成ツールです。

ほかのオンラインツールに比べて機能がシンプルなので、それほど多くの機能を使わないので直感的に作業がしたい方に向いています。インフォグラフィックはもちろん、レポートやダッシュボードを作りたい時にも便利です。


  

5. Venngage

3.png

Venngageは、多目的な用途で使えるオンラインインフォグラフィックツールです。

テンプレートが豊富で使いやすく、インフォグラフィックのほかにもフライヤー(チラシ)の作成などにも使うことができます。また、少しユニークなのが、E-mailに挟み込むためのメールグラフィックの作成テンプレートも用意されています。

ギャラリーでは、ほかのユーザーが作ったインフォグラフィックを閲覧することができます。どのグラフィックもクオリティが高いので、思わず見とれてしまうことは間違いありません。


  

6. Visualize.me

6.png

Vizualize.meは、LinkedInアカウントがあればすぐに使うことができるインフォグラフィック作成ツールです。

ほかのツールに比べると機能が制限されており、見た目重視で目を引くクリエイティブは作成できないかもしれません。しかし、2011年から登場した老舗のツールとして現在でも存在感を放っており、たくさんの人が使っています。


  

7. Easily

7.png

easel.lyは、ポップなイラストに強みのあるインフォグラフィック作成ツールです。

これまでに600万以上ものインフォグラフィックが作成されており、誰でも簡単に高品質なクリエティブを作成することができます。

シアトルをベースに、セルビアやヴェトナムなど、グローバルに開発されているツールです。ぜひ、候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか。


  

まとめ

インフォグラフィックは、Power PointやIllustratorなどのソフトを使って作成することもできますが、素材を調達したりデザインをゼロから作成しなければならないなど、大変な手間と労力がかかってしまいます。

今回ご紹介したツールを利用すれば、誰でも簡単に、眼球を捉えるようなインフォグラフィックを作成することができるようになります。

どれが使いやすいかは、実際に使ってみて判断してみましょう。使いやすいものがあれば、ぜひSNSなどで紹介してみてください。