開封率とは、ユーザーに対して一斉配信したメルマガを、どの程度の割合のユーザーが開封しているのかを表した指標です。主にメールマーケティングシステムに標準で搭載されている機能で、開封率を知ることで、過去のメールの開封率と比較し、メールのタイトルや配信する時間帯の改善点を見つける事が出来ます。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

開封率はメルマガ配信の重要指標

開封率は、メルマガを配信するうえで重要視する指標の一つです。
なぜなら、ユーザーにとって有益な情報を配信しているメルマガでも、開封されなければ中身を読まれることがないからです。

例えば、普段利用しているECサイトから届いたメルマガの中で、なにげなく開封したら「お得な割引情報が記載されていたが、期限が過ぎてしまっていた」という経験はないでしょうか。

件名で気が付いていれば、見過ごすことも無かったかもしれません。
つまり、開封されなということは、件名を見ても「気づかない・興味を抱かない」ということであり、読者や企業にとって機会損失となってしまうのです。

この課題を解決するためには、開封率を分析することで、どのような件名の場合にユーザーが開きやすくなるのかを導き出す事が必要です。
配信したメルマガ開封率を求める際は、以下で計算します。

開封率 = 開封数 ÷(総配信数 - 不達数) 

ただし、開封率を計測できるのはHTMLメルマガでウェブビーコン等を用いた場合のみです。開封率を知ることにより、配信するメルマガの改善点となるヒントを見つける事が出来ます。
一般的に開封率を上げるテクニックとしては、「読者の興味・関心を誘う件名」、配信する「読者の読みやすい時間帯に配信する」などです。

シンプルでありながら、読者にとって有益な情報をいち早く届けることができるのが「メルマガ」の強みです。メルマガを活用して、読者との関係構築や、集客を行うためには、いかに件名で興味を抱いてもらうかが重要となります。
そのための指標として、メールマーケティングでは開封率を重要指標としています。

会話例

開封率をあげるために、読者が気になるような件名を考えよう」