アドフラウド(Ad Fraud)とは、botなどを使い無効なインプレッションやクリックを行い、広告費用に対する成約件数や広告効果などを不正に水増しする不正広告ことを意味します。

近年Web広告の市場拡大に伴い、WEb広告の質やブランド保護の観点が重要視され始めています。そんな中アドフラウド対策が注目され、広告主によって効果の高い広告を提供するための環境整備が始まっています。WEB広告市場の規模は1兆円を超え、広告詐欺の被害は増大しており、業界としても大きな課題を抱えていました。そんな中海外でもアドフラウド対策サービスのベンダーがいくつか登場し、サービス提供を開始しています。

アドフラウド問題は、欧米で早くから顕著化していましたが、日本ではそれほど問題視されていませんでした。
その背景には日本は最終獲得件数を重要視するため、中間指標であるインプレッションやクリックを重要視しないという傾向が強いためです。

しかし適正なユーザー広告を見てもらうことでブランディングを行うことを重要視する欧米では、
アドフラウド問題への対策が積極的に行われています。

使い方

「アドフラウド対策に日本は遅れている。」
「アドフラウド問題を解決するためのサービスを調査する。」
「アドフラウドによる損害は年々増加している。」
「botを使いアドフラウドを行う。」