ウェブマスター

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

WEBマスターとは、ホームページの管理者のことを指します。ホームページの規模に関わらず、ホームページの運営者であればWEBマスターと呼ばれます。
個人のホームページでは運営者自身がWEBマスターであり、企業による大規模なホームページでは統括する人がWEBマスターとして業務にあたります。

Curriculum pt1

WEBマスターの業務

WEBマスターの仕事は、ホームページのデザインや開発、マーケティング、維持・管理などさまざまであり、明確に定められてはいません。

HTMLの知識を持っている人が業務にあたることが多いようですが、場合によってはPHPやPerl、Javascriptなどのコンピューター言語の知識・技術を持っている人が業務を行うこともあります。

近年、WEB開発は分業化が進んでいます。そのため、WEB運営はHTMLの知識を持つ事務職の人が行うことが多く、WEB開発に関しては専門業者が行うこと多くなっています。業務内容はアクセス解析や企業内からの希望を反映させることなど、一般的な店舗における店長のような仕事をすることになります。

WEBマスターに必要なスキル

WEBマスターには、仕事内容に明確な定義がない分、どんなスキルや経験が必要なのかは一概には言えません。また、ホームページの規模や目的によっても必要なスキルが異なります。

たとえば、大規模なホームページである程度業務が分割されているので、WEBプロデューサー、WEBデザイナー、WEBディレクター、WEBエンジニア、WEBマーケティング、編集など、特定の分野における経験やスキルが活かせる可能性があります。

その一方、中小規模のホームページを管理する場合、一人で運営業務にあたることもあり、デザインやマーケティング、システムについてまで、総合的な知識が必要となります。

WEBマスターの使命

ホームページは、資料請求や会員登録などの受け付けや商品の販売など、それぞれに異なった目標があります。しかし、いずれにしてもその目標を達成するための業務をスムーズに遂行することが、WEBマスターに与えられた使命です。WEBマスターは、インターネット事業において最も重要な仕事の一つと言えるでしょう。

会話例

「突然、Webマスターに任命されてしまった」
アクセス解析まわりについては、Webマスターなら最低限知っておくべき知識だよ」