パイレーツアップデート

パイレーツアップデート とは、デジタルミレニアム法案(DMCA)に抵触する、著作権侵害を行うホームページの評価を下げるための 検索エンジン アルゴリズム です。

導入された背景

これまで著作権を無視した運営を行う違法ホーム ページ が後を立たないことから、 Google パイレーツアップデート アルゴリズム を導入しました。2012年8月にはじめて実施され2014年10月には、また新たに更新されました。

パイレーツアップデート で実施された対策

パイレーツアップデート では大きく以下の三つが実施されました。

1.新 広告 フォーマットの採用

音楽や映画、テレビ番組などの キーワード で検索すると、 検索結果 の上部に検索した コンテンツ に関する、正規のホームページだけを表示するようになりました。
ここには音楽や映画を正規にダウンロードできるサービスなどが表示されます。

2.オートコンプリートからの侵害関連語の削除

検索欄に キーワード を入力すると、下部に自動で キーワード 候補が表示されます。
ここでは過去に多く入力されたワードが表示されますが、その中でDMCAで評価を下げたような ページ につながる キーワード は非表示になりました。

3. パイレーツアップデート の更新

Google 社では、ミレニアム保護法案(DMCA)に関連して著作権保有者からの著作権侵害報告を受け付けており、映画、音楽などの違法サイトは 検索結果 の上位に表示されにくくなったそうです。

https://support.google.com/legal/answer/1120734

著作権違反の報告は、 Google の「削除用ダッシュボード」から可能になっています。ホームページの運営者はより健全な、モラルを意識した運営を義務づけられていくでしょう。

会話の中で使われる例

「パーレーツアップデートが行なわれたらしい」
「検索順位が下がったのは パイレーツアップデート の影響だ」