マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、BtoBの決済業務のすべてを代行し、業務負担を大幅に軽減する「NP掛け払い」です。

【ここがポイント】
ポイント1:請求業務のすべてをカバーする代行範囲の広さ
ポイント2:さまざまなニーズに応える柔軟な対応力
ポイント3:取引先企業にとっての高い利便性

NP掛け払いとは?

バックオフィス業務にさけるリソースがない! 膨大な人員と時間が必要な請求業務の負担を軽減する

企業間における取引において、必ず発生する決済業務。受注があった企業の与信、請求書の発行、代金の回収、未払い代金の督促などなど、かなりの数の業務が発生します。

・月末月初になると請求業務に忙殺され、勤務時間が超過している
・規模の小さな会社では与信や代金回収などを取締役や営業が兼務している
・与信が通らず取引が成立しない

といった問題を抱えつつも、なんとかマンパワーで解決し、毎月を乗り切っている企業も多いのではないでしょうか。

スタートアップと言われるようなサービスを運営するベンチャー企業では、低コストで導入できるが故に圧倒的な顧客数を抱えているケースが多く、大量の請求書を裁かなければならないというケースに陥ることも。急激な事業成長とともに発生する請求書の発行は、かなりの業務量になり、本来集中すべき業務の妨げとなってしまいます。

決済業務は企業にとって必要不可欠なものですが、企業本来の業務とは異なる事務的なもの。これらの時間を削減できれば、もっと本来の業務に注力できるようになります。

そんなときに、ぜひ活用したいサービスが、BtoB向けの後払い決済サービス。毎月訪れる決済業務の煩わしさを一気に解消することが可能です。

面倒な決済業務をすべてお任せ! BtoB決済を丸ごと引き受けて代行してくれる「NP掛け払い」

NP掛け払い_BtoB決済を丸ごと代行

ネットプロテクションズが運営する「NP掛け払い」(エヌピーカケバライ)は、BtoB決済に関するすべてを代行してくれるサービスです。新規取引先の企業の与信から、請求書発行、入金管理、未払い分の督促はもちろん、未払い金の回収リスクの保証までサポートしています。

決済業務を「NP掛け払い」(エヌピーカケバライ)にすることで、膨大なリソースを費やしていた決済業務の負担がゼロになり、本来の業務へ注力することが可能になります。

たとえば、請求書の発行や代金の回収などを営業が兼務している場合、数字を上げていくための営業業務に充てられる時間が増え、企業成長につながっていきます。

また、決済業務に関わる人員を抑える、あるいは削減することができるため、注力すべき業務に人材の増強をすることができ、中長期的な事業拡大へとつなげることができます。

特に、請求先が数百社に及ぶといった企業の場合、「NP掛け払い」(エヌピーカケバライ)のメリットを実感できるはず。経理や総務といった専門の担当者がいないベンチャー企業などにも有用なサービスと言えます。

売り手・買い手両社の負担が大幅に軽減される

決済業務全般を代行してくれる「NP掛け払い」(エヌピーカケバライ)は、売り手側の企業にとって大きなメリットをもたらすだけでなく、買い手側の企業への負担が少ないのも特徴です。

NP掛け払い_売り手・買い手両社の負担を大幅に軽減

買い手側の企業は、「NP掛け払い」(エヌピーカケバライ)を使用する際に事前登録は不要。その上、支払い方法や締め日、支払日などが柔軟に設定できるなど、「NP掛け払い」(エヌピーカケバライ)を使うことによる不便さを感じることはありません。

このように、売り手側、買い手側の両企業にとって多くのメリットがあるのが、「NP掛け払い」(エヌピーカケバライ)なのです。

「NP掛け払い」を選ぶべき3つのポイント

①与信の素早さと高い通過率

独自の与信管理システムの導入により、初取引の相手や個人事業主、中小企業などにも与信可能。与信通過率は98%の実績を持ち、取引審査は最短5分で完了します。

NP掛け払いを選ぶべきポイント1

残りのNP掛け払いを選ぶべきポイントや導入事例は、