マーケティングオートメーションや新たなSNSツールの登場など、日々アップデートされるデジタルマーケティングの世界。今や自社内の人員だけで適切な打ち手を策定するのは現実的ではなくなってきています。

かといって新たにデジタルマーケティング人材(以下、デジマ人材)を雇用するにしても、日本の企業数は約421万社あるにもかかわらず、デジタルマーケターは2万人しかいないと言われています。さらに、専門分野が多岐に渡るために自社ニーズに合った能力や適性を持った人材にたどり着くには容易ではありません。既存の人材エージェントに加え、ソーシャルリクルーティングなどの新たな機能を持ったチャネルも試してはみるものの、画期的な成果を生むには至っていないという方も多いのではないでしょうか。

事実、宣伝会議が2019年2月にデジタル部門の担当者にとったアンケートの結果によると、「実施したいことを実現するための人手が足りない」が全回答数の1/3を超える圧倒的な課題感として挙げられました。また、二位や三位に挙がった内容を見てもデジタルマーケティングに関して、自社内のリソースでは施策の方針づくりや評価すら困難である状況が読み取れます。

056_01.jpg
出典:宣伝会議デジタルマガジン

副業のマーケ人材を活用できるサービスなども登場

しかし日々デジタルマーケティングが進化しているように、株式会社BLAMのKAIKOKU(カイコク)が提供するパラレルワーク(複業)のマーケ人材を活用できるサービスなど、人材登用のあり方もまた大きく進化しています。今回は、自社の課題を解決するための新たなデジマ人材獲得にあたっての注意点と、その解決策についてご紹介します。

デジマ人材登用の注意点①:そもそも転職市場に優秀なマーケターはいるのか

pexels-photo-1181346.jpeg
一人の優秀なエンジニアが10人分の成果をあげる、といわれるプログラミングの世界と同様にマーケターも個人の能力に大きく差が出る職種です。上記調査結果の各社の課題感を見ても、実現したいことを実現できるマーケティングスキルを備えた人材を各社が求めている状況といえます。にもかかわらず、日本には約421万社の企業があるなかで、デジタルマーケターは2万人しかいないのです。

また、デジタルマーケティングの領域においてはデータを読み取るリテラシーも重要になってくるため、常に様々な領域のデータに触れていることも重要です。それらの情報は、様々なクライアントのノウハウが集約される一部の広告代理店などに偏りがちで、その知見を外注で使うには一定以上の予算規模が必要です。

また最近では、転職市場にいる数少ないマーケターが給与水準の高い大手広告代理店や大手の事業会社に転職するといったトレンドがあり、なかなかアプローチすることは難しく、もし巡り会えたとしても採用するには非常に高い給与が必要となってきます。活況な転職市場の中でも、優秀なデジマ人材だけは常に足りていないという状況が続いています。

デジマ人材登用の注意点②:本当に必要なスキルを正しく判断できるか?

pexels-photo-1493371.jpeg
マーケティング業務は、事業の売上に直結する仕事です。その成果は、担当者一人の手腕によって大きな差が出るため、その手腕の見極めは非常に重要です。しかし優秀なデジマ人材を外部から登用する場合、「自社にない知見」をその人材が持っているかを自社の人間が判断するというパラドックスが生じます。

例えば、現在の事業において、本当に必要なマーケティングスキルとは、SEOなのか、広告運用なのか、CRMなのかといった適切な判断ができる人も少ないでしょう。

また、たまたまうまく適切な人材を採用できたとしても、変化の激しい世界なのでいつまでもその人材が能力を発揮し続けられるとは限りません。数年後にはまた同じ理由で新たな人材登用を行う必要が出てきます。

正社員ではなく「副業」でマーケターを活用するという手も

pexels-photo-541525.jpeg

働き方改革やそれを支えるデジタルツールの発展のおかげで、ここ数年で日本人の働き方自体も大きく進化してきています。上記の構造的な問題を解決し、自社のデジマ施策をアップデートする人材を登用する際の最近のトレンドは、その人材を「副業」として迎え入れることです。

大手広告代理店などで「チーム」として動いている人材は、「個人」として会社の看板がない状態でも自身の力がどこまで通用するのかを試してみたいというニーズがあります。また高額なフィーは、個人として雇用したり委託することで中小・ベンチャー企業でも無理のないコストに縮減することもできます。

副業支援やリモートワークのサービスを提供する企業も増えてきていますが、その中でも「デジタルマーケター」に特化したパラレルワーク(複業)支援サービスが株式会社BLAM(ブラム)が運営する「KAIKOKU(カイコク)」です。

KAIKOKU(カイコク)導入のメリット

KAIKOKU(カイコク)に登録しているマーケターは既に3,100人以上。デジタルマーケターの7人に1人以上が登録しています。本業で大手クライアントなどを担当している現役デジタルマーケターなので、常にそれら最新のマーケティング情報をアップデートしている状態で業務に関わってもらうことができます。企業が求める知見が変わってきた場合は、その都度最適な人材に切り替えることができます。

KAIKOKU(カイコク)では人材登録の際に独自のマーケティングスキル診断とビジネスタイプ診断を行い、さらにマーケティングのプロが面談した上で選定するため、求める良質な人材とのマッチングが叶います。依頼すればマッチングできるまで待つだけでよいので正社員登用と比べてはるかに時間的コストも少なくて済み、喫緊の課題に対して速やかにジョインさせることが可能です。

また、人材の見極めという点でもいきなり正社員登用をするのではなく、まずはいくつかのプロジェクトに副業として関わってもらった上で、スキルやカルチャーフィットをじっくりと見極めることが可能なので採用ミスによるリスクも減らすことができます。

自社のデジタルマーケティングに行き詰まりを感じたら、KAIKOKU(カイコク)のパラレルワーク(複業)が打開の鍵となるかもしれません。